js3vxw-02.cocolog-nifty.com > T2 豊橋鉄道 (東田本線) モ3300形 もと北陸鉄道モハ2300形

モ3300形は、もと北陸鉄道金沢市内線モハ2300形。 モハ2300形(01~02)は1961年に日車で製造されました。 11.5m級全鋼製車で、サイズはモハ2200形(→名鉄モ560形)を踏襲していますが、制御器は直接制御から間接制御式になり、NE-22B(22.4kw×4)による全軸駆動、オイルダンパ付・エリゴばね・弾性車輪使用の防震台車NS16(日車)、ブレーキもセルフラップ式ブレーキ弁を取り入れるなど、意欲的な高性能車両です。 豊橋鉄道へ譲渡されたのは金沢市内線廃止の1967年。 当初モ300形301、02としてデビューしています。(1968年、3301・3302に改番) 冷房化改造がなされなかったことから、予備車扱いとなり、2000年3月に廃車されました。 現在、鉄道総合技術研究所でハイブリッド実験車として運用中

豊橋鉄道(東田本線) モ3300形 3301 もと北陸鉄道 モハ2300形

豊橋鉄道(東田本線) モ3300形 3301 もと北陸鉄道 モハ2300形

形式 3300  3301.2   1957年日車製
もと北陸鉄道金沢市内線モハ2300形 1967年導入
11.500: 2.200: 3.820  13.0 t  70名
台車 NS-16 日車  モーター 22.kw×4
制御装置 間接非自動    ブレーキ 
参考文献 rp319 1976.4


豊橋鉄道(東田本線) モ3300形 3301 もと北陸鉄道 モハ2300形

豊橋鉄道(東田本線) モ3300形 3301 もと北陸鉄道 モハ2300形

形式 3300  3301.2   1957年日車製
もと北陸鉄道金沢市内線モハ2300形 1967年導入
11.500: 2.200: 3.820  13.0 t  70名
台車 NS-16 日車  モーター 22.kw×4
制御装置 間接非自動    ブレーキ 
参考文献 rp319 1976.4


豊橋鉄道(東田本線) モ3300形 3301 広告塗装

豊橋鉄道(東田本線) モ3300形 3301 広告塗装

形式 3300  3301.2   1957年日車製
もと北陸鉄道金沢市内線モハ2300形 1967年導入
11.500: 2.200: 3.820  13.0 t  70名
台車 NS-16 日車  モーター 22.kw×4
制御装置 間接非自動    ブレーキ 
参考文献 rp319 1976.4


豊橋鉄道(東田本線) モ3300形 3302 もと北陸鉄道 モハ2300形

豊橋鉄道(東田本線) モ3300形 3302 もと北陸鉄道 モハ2300形

形式 3300  3301.2   1957年日車製
もと北陸鉄道金沢市内線モハ2300形 1967年導入
11.500: 2.200: 3.820  13.0 t  70名
台車 NS-16 日車  モーター 22.kw×4
制御装置 間接非自動    ブレーキ 
参考文献 rp319 1976.4


豊橋鉄道(東田本線) モ3300形 3302 北陸鉄道 塗装

豊橋鉄道(東田本線) モ3300形 3302 北陸鉄道 塗装

形式 3300  3301.2   1957年日車製
もと北陸鉄道金沢市内線モハ2300形 1967年導入
11.500: 2.200: 3.820  13.0 t  70名
台車 NS-16 日車  モーター 22.kw×4
制御装置 間接非自動    ブレーキ 
参考文献 rp319 1976.4


豊橋鉄道(東田本線) モ3300形 3302 広告塗装

豊橋鉄道(東田本線) モ3300形 3302 広告塗装

形式 3300  3301.2   1957年日車製
もと北陸鉄道金沢市内線モハ2300形 1967年導入
11.500: 2.200: 3.820  13.0 t  70名
台車 NS-16 日車  モーター 22.kw×4
制御装置 間接非自動    ブレーキ 
参考文献 rp319 1976.4


豊橋鉄道(東田本線) モ3300形 3302 広告塗装2

豊橋鉄道(東田本線) モ3300形 3302 広告塗装2

形式 3300  3301.2   1957年日車製
もと北陸鉄道金沢市内線モハ2300形 1967年導入
11.500: 2.200: 3.820  13.0 t  70名
台車 NS-16 日車  モーター 22.kw×4
制御装置 間接非自動    ブレーキ 
参考文献 rp319 1976.4