js3vxw-02.cocolog-nifty.com > P1 東武鉄道 電気機関車 車掌車

東武には、本線用の電気機関車としてEE製のED4000形、 東芝製のED4010形 ED5000形、ED5060形、ED5080形 日立製のED5010、ED5050形がいました。 主に伊勢崎線・佐野線・小泉線・桐生線・日光線・会沢線・大叶線等で使用されていましたが、1980年代以降急速に数を減らし、 2003年9月30日に貨物運用が廃止。東武線からその姿を消しました。 ED4000形については、近江鉄道へ譲渡されましたが、2009年、東武へ里帰り、登場当時のED10形として博物館入りしています。

東武鉄道_電気機関車 ED5080形 ED5083

東武鉄道_電気機関車 ED5080形 ED5083

東武ED5080形   ED5083 1966.9 東芝製 1996.10に廃車
ED5080形は、1970年に東芝で3両(ED5081 - ED5083)が製造されました。
新東京国際空港公団所有の私有機関車で空港建設用の砕石を輸送するために、
おもに佐野線の葛生駅 - 佐野市駅間で重連運用(1000t)されました。
当初から重連総括制御となっています。
電動機 MT-40B×4 ギヤ比 17:72 ツリカケ式 台車 TT54(東芝)
参考:私鉄電気機関車ガイドブック 東日本編 ほか 


東武鉄道_電気機関車 ED5060形 ED5073

東武鉄道_電気機関車 ED5060形 ED5073

東武ED5060形   ED5073 1966.9 東芝製 1996.10に廃車
ED5060は、1960年 - 1966年に東芝で13両(ED5061 - ED5073)が製造されました。
ED5066 -73は重連総括制御改造がなされていません。
電動機 MT-40B×4 ギヤ比 17:72 ツリカケ式 台車 TT54(東芝)
参考:私鉄電気機関車ガイドブック 東日本編 ほか 


東武鉄道_電気機関車 ED5060形 ED5064

東武鉄道_電気機関車 ED5060形 ED5064

東武ED5060形   ED5064 1960.7 東芝製 1997年に廃車
ED5060は、1960年 - 1966年に東芝で13両(ED5061 - ED5073)が製造されました。
ED5061 -65は重連総括制御改造されました。1971年
電動機 MT-40B×4 ギヤ比 17:72 ツリカケ式 台車 TT54(東芝)
参考:私鉄電気機関車ガイドブック 東日本編 ほか


東武鉄道_電気機関車 ED5060形 ED5062

東武鉄道_電気機関車 ED5060形 ED5062

東武ED5060形   ED5062 1960.7 東芝製 1997年に廃車
ED5060は、1960年 - 1966年に東芝で13両(ED5061 - ED5073)が製造されました。
ED5061 -65は重連総括制御改造されました。1971年
電動機 MT-40B×4 ギヤ比 17:72 ツリカケ式 台車 TT54(東芝)
参考:私鉄電気機関車ガイドブック 東日本編 ほか


東武鉄道_電気機関車 ED5060形 ED5061

東武鉄道_電気機関車 ED5060形 ED5061

東武ED5060形   ED5061 1960.7 東芝製 1997年に廃車
ED5060は、1960年 - 1966年に東芝で13両(ED5061 - ED5073)が製造されました。
ED5061 -65は重連総括制御改造されました。1971年
電動機 MT-40B×4 ギヤ比 17:72 ツリカケ式 台車 TT54(東芝)
参考:私鉄電気機関車ガイドブック 東日本編 ほか


東武鉄道_電気機関車 ED5010形 ED5024 日立製

東武鉄道_電気機関車 ED5010形 ED5024 日立製

東武ED5010形   ED5024 1962.4 日立製 1987年廃車
ED5010は、1957年 - 1962年に日立で24両(ED5011 - ED5024)が製造されました。

電動機 MT-40B×4 ギヤ比 17:72 ツリカケ式 台車 DTH57(日立)
参考:私鉄電気機関車ガイドブック 東日本編 ほか


東武鉄道_電気機関車 ED5010形 ED5020

東武鉄道_電気機関車 ED5010形 ED5020

東武ED5010形   ED5020 1962.4 日立製 1987年廃車
ED5010は、1957年 - 1962年に日立で24両(ED5011 - ED5024)が製造されました。

電動機 MT-40B×4 ギヤ比 17:72 ツリカケ式 台車 DTH57(日立)
参考:私鉄電気機関車ガイドブック 東日本編 ほか


東武鉄道_電気機関車 ED4010形 ED4012

東武鉄道_電気機関車 ED4010形 ED4012

東武ED4010形   ED4012 1948? 東芝製 1986年に廃車
ED4010形は、いわゆる東芝40tと呼ばれる標準機で、
日本窒素が海南工業所向けにつくったE403.4を1946年に購入したものです。
板台枠の台車を履いていましたが、1961年に改造され以下のスペックに改められました。
電動機 SE-130×4 ギヤ比 17:79 ツリカケ式 台車 FS29(住友)
参考:私鉄電気機関車ガイドブック 東日本編 ほか


東武鉄道 車掌車 ヨ201形 ヨ201

東武鉄道 車掌車 ヨ201形 ヨ201

ヨ201形 ヨ201~220   東武 杉戸工場 改造 1960年代~
トム・トフを改造したもの。
車体はヨ100形とほとんど変わらず、出入口の屋根の代わりに、小さい庇が付きました。
当初は薄緑色の塗装でしたが、1986年頃より黒色も登場します。
1997年? 全廃。


東武鉄道 車掌車 ヨ101形 ヨ114

東武鉄道 車掌車 ヨ101形 ヨ114

ヨ101形 ヨ101~142 東武 杉戸工場 改造 1960年~
トム・トフを改造したもの。
当初は薄緑色の塗装でしたが、1986年頃より黒色も登場します。
1997年9月 全廃。


東武鉄道 車掌車 ヨ101形 ヨ111 薄緑塗装

東武鉄道 車掌車 ヨ101形 ヨ111 薄緑塗装

ヨ101形 ヨ101~142 東武 杉戸工場 改造 1960年~
トム・トフを改造したもの。
当初は薄緑色の塗装でしたが、1986年頃より黒色も登場します。
1997年9月 全廃。


東武鉄道 車掌車 ヨ101形 ヨ107

東武鉄道 車掌車 ヨ101形 ヨ107

ヨ101形 ヨ101~142 東武 杉戸工場 改造 1960年~
トム・トフを改造したもの。
当初は薄緑色の塗装でしたが、1986年頃より黒色も登場します。
1997年9月 全廃。


東武鉄道 車掌車 ヨ101形 ヨ105 薄緑塗装

東武鉄道 車掌車 ヨ101形 ヨ105 薄緑塗装

ヨ101形 ヨ101~142 東武 杉戸工場 改造 1960年~
トム・トフを改造したもの。
当初は薄緑色の塗装でしたが、1986年頃より黒色も登場します。
1997年9月 全廃。


東武鉄道 車掌車 ヨ101形 ヨ104

東武鉄道 車掌車 ヨ101形 ヨ104

ヨ101形 ヨ101~142 東武 杉戸工場 改造 1960年~
トム・トフを改造したもの。
当初は薄緑色の塗装でしたが、1986年頃より黒色も登場します。
1997年9月 全廃。


東武鉄道 車掌車 ヨ101形 ヨ101

東武鉄道 車掌車 ヨ101形 ヨ101

ヨ101形 ヨ101~142 東武 杉戸工場 改造 1960年~
トム・トフを改造したもの。
当初は薄緑色の塗装でしたが、1986年頃より黒色も登場します。
1997年9月 全廃。