js3vxw-02.cocolog-nifty.com > P1 東京急行電鉄 世田谷線 デハ150形

東急150形は、1964年に東急車輛で4両が製造されました。 デハ80形などと同じ13m級3扉車体ですが、 オールステンレス車体である初代7000系を彷彿させるコルゲート付きの角張った車体となりました。 しかし150形はステンレス製ではなく、スチール製(耐候性高抗張力鋼)なのです。 性能的にもカルダン駆動で間接自動制御であったデハ200形(1955年製)からは大きく後退したツリカケ駆動、間接非自動制御車となりました。 それはデハ200形にできなかったこと。 すなわち他形式との連結=総括制御を可能するためでした。 1983年から更新が始まり、片運転台化とともに顔つきも少し変わりました。 しかし、70形や80形のようにカルダン駆動に改造されることはなく、ツリカケ駆動のまま2001年、300形に置き換えられました。

東京急行電鉄 世田谷線 デハ150形 153F① 153 1983年撮影

東京急行電鉄 世田谷線 デハ150形 153F① 153 1983年撮影

形式 デハ150形 (151-154) 両数 4 1964年 東急車輌製
13.960×2.300× 2.310  18.0t 定員100名 32 席
台車 TS-118 モーターTDK-540 60kw/h×2 ツリカケ式
ブレーキ SME 参考文献 rp319(1976年) 1983年撮影


東京急行電鉄 世田谷線 デハ150形 153F② 154 1983年撮影

東京急行電鉄 世田谷線 デハ150形 153F② 154 1983年撮影

形式 デハ150形 (151-154) 両数 4 1964年 東急車輌製
13.960×2.300× 2.310  18.0t 定員100名 32 席
台車 TS-118 モーターTDK-540 60kw/h×2 ツリカケ式
ブレーキ SME 参考文献 rp319(1976年) 1983年撮影


東京急行電鉄 世田谷線 デハ150形更新車 151F② 152 1992年撮影

東京急行電鉄 世田谷線 デハ150形更新車 151F② 152 1992年撮影

形式 デハ150形 (151-154) 両数 4 1964年 東急車輌製
13.960×2.300× 2.310  18.0t 定員100名 32 席
台車 TS-118 モーターTDK-540 60kw/h×2 ツリカケ式
ブレーキ SME 参考文献 rp319(1976年) 1992年撮影


東京急行電鉄 世田谷線 デハ150形更新車 153F① 153 1992年撮影

東京急行電鉄 世田谷線 デハ150形更新車 153F① 153 1992年撮影

形式 デハ150形 (151-154) 両数 4 1964年 東急車輌製
13.960×2.300× 2.310  18.0t 定員100名 32 席
台車 TS-118 モーターTDK-540 60kw/h×2 ツリカケ式
ブレーキ SME 参考文献 rp319(1976年) 1992年撮影


東京急行電鉄 世田谷線 デハ150形更新車 153F① 153 1999年撮影

東京急行電鉄 世田谷線 デハ150形更新車 153F① 153 1999年撮影

形式 デハ150形 (151-154) 両数 4 1964年 東急車輌製
13.960×2.300× 2.310  18.0t 定員100名 32 席
台車 TS-118 モーターTDK-540 60kw/h×2 ツリカケ式
ブレーキ SME 参考文献 rp319(1976年) 1999年撮影


東京急行電鉄 世田谷線 デハ150形更新車 153F② 154 1992年撮影

東京急行電鉄 世田谷線 デハ150形更新車 153F② 154 1992年撮影

形式 デハ150形 (151-154) 両数 4 1964年 東急車輌製
13.960×2.300× 2.310  18.0t 定員100名 32 席
台車 TS-118 モーターTDK-540 60kw/h×2 ツリカケ式
ブレーキ SME 参考文献 rp319(1976年) 1992年撮影


東京急行電鉄 世田谷線 デハ150形更新車 153F② 154 1999年撮影

東京急行電鉄 世田谷線 デハ150形更新車 153F② 154 1999年撮影

形式 デハ150形 (151-154) 両数 4 1964年 東急車輌製
13.960×2.300× 2.310  18.0t 定員100名 32 席
台車 TS-118 モーターTDK-540 60kw/h×2 ツリカケ式
ブレーキ SME 参考文献 rp319(1976年) 1999年撮影