嵐電(京福電気鉄道) モボ101形 101 京むらさき塗装 2014年撮影

撮影場所:西院

モボ101形は旧モボ101形。1975年ポール集電の廃止に伴い集電装置をZ型パンタグラフに換装し、同時にモボ301形と同様の車体に更新されました。モボ101形のみ車体更新車とされており、他形式とは異なり旧車号をそのまま引き継いでいます。なお台車は更新前の1968~70年にKL15(モボ301形と同形)に交換されています。制御器はGE製PC6(電空カム軸式総括制御)、主電動機はSE129B(44.8kW)×2、吊り掛け駆動です。
1982年にワンマン運転開始しています。社内では「マルダイ」と称されます。