js3vxw-02.cocolog-nifty.com > P1 京成電鉄 旧3000系 3150形 63F 

京成3150形は、 1963年に4連固定×11=44両が製造されました。 非冷房、片開きの赤電では最後のグループとなります。 製造時より4両固定編成としたことが最大の特徴で、中間電動車が登場しています。 うち3191Fは、セミクロスシート車として登場しました。 (1974年にロングシート化) 台車・駆動装置・モーターについては兄貴分と同様、2パターンで 3151~62・3183~3194が汽車製KS116C台車 ・TDカルダンで東洋電機製TDK-810/4Fモーター、 その他は住金製FS329C台車 ・WNカルダン・三菱電機製MB-3028-Eモーター、となります。 新赤電塗装でお色直ししたのは1980年。 更新が開始されたのは1983年(3067 - 3070)からです。 同時に冷房化も実施されました。 1993年からは、車体塗装を標準色に変更しています。 1995年には、66F、70Fが北総開発鉄道にリースされ7050形となりました。また 1997年以降、千葉急行にリースされるものもあったのですが、変化が早すぎていずれも撮影はできませんでした。 2003年、北総開発鉄道7050形の廃止をもって3150形はその姿を消しました。

京成電鉄 旧3000系 3150形4連_3163F① 3163 M2

京成電鉄 旧3000系 3150形4連_3163F① 3163 M2

京成電鉄 旧3000系3150形4連_3163F
←成田空港    京成上野→
3163-3164-3165 -3166 形式は全てモハ3150形 
M2-M1'-M2'-M1
参考 私鉄車両編成表90年版   撮影 1991.5


京成電鉄 旧3000系 3150形4連_3163F② 3164 M1’

京成電鉄 旧3000系 3150形4連_3163F② 3164 M1’

京成電鉄 旧3000系3150形4連_3163F
←成田空港    京成上野→
3163-3164-3165 -3166 形式は全てモハ3150形 
M2-M1'-M2'-M1
参考 私鉄車両編成表90年版   撮影 1991.5


京成電鉄 旧3000系 3150形4連_3163F③ 3165 M2'

京成電鉄 旧3000系 3150形4連_3163F③ 3165 M2'

京成電鉄 旧3000系3150形4連_3163F
←成田空港    京成上野→
3163-3164-3165 -3166 形式は全てモハ3150形 
M2-M1'-M2'-M1
参考 私鉄車両編成表90年版   撮影 1991.5


京成電鉄 旧3000系 3150形4連_3163F④ 3166 M1

京成電鉄 旧3000系 3150形4連_3163F④ 3166 M1

京成電鉄 旧3000系3150形4連_3163F
←成田空港    京成上野→
3163-3164-3165 -3166 形式は全てモハ3150形 
M2-M1'-M2'-M1
参考 私鉄車両編成表90年版   撮影 1991.5