岡山電気軌道 2600形 2601 もと呉市電600形

撮影場所:

岡山電気軌道2600形は、1959年にもと呉市電600形に呉701の台車をあわせたものです。
1952年に富士車輛で製造されました。
岡山には呉市電が廃止された翌年の1968年にやってきました。
譲渡に当たっては、岡電オリジナルの石津式パンタグラフに交換
1970年にワンマン対応改造も行われましたが、冷房改造はされていません。
1983年に登場した7300形に機器と台車を譲って廃車されました。

岡軌2600  2601   1949年広瀬車輌製
もと呉市交通局600形に呉701の台車(S42導入)
11.280: 2.276: 3.374   15.4t  82名 32席  冷房なし
台車: KS-40J   モーター:38kw×2  ツリカケ駆動
制御装置:直接制御 ブレーキ 直通空気
参考文献 rp319 1976.4 路面電車ガイドブック1976.6