js3vxw-02.cocolog-nifty.com > P6 西日本鉄道 宮地岳線_313系 

西日本鉄道313系は、1952年に大牟田線用にデビューした非貫通(2連×4)のツリカケ駆動の電車です。1977年に台車をDT12、TR23に、(モータはMT15C (104kW))に取り替え宮地岳線に転属しました。1984年から順次車体更新が、1986年からは冷房化改造もなされています。 1992年には、カルダン駆動に改造されています(314Fをのぞく)。 台車は西武701系のFS-342を譲り受けて流用しました。ただ制御器が1C8M方式だったため、ク363形を電装しモ363形としています。(実際は1C8Mでモータを6コ使用) 2007年まで4編成とも宮地岳線で使用されてきましたが、4月に西鉄新宮 - 津屋崎間が廃止となったことで、現在残るのは315Fのみです。

西日本鉄道 宮地岳線 *313系_315F① モ313形 315 Mc 2ドア時代

西日本鉄道 宮地岳線 *313系_315F① モ313形 315 Mc 2ドア時代

モ313  Mc 315  製造 近畿車両 1952  車体: 半鋼製
長さ/幅/高さ:18.697/ 2.740/ 4.045 重量39.2
定員(座席) 130 (66 )冷房装置 なし
モーター:MT-7 出力*個数 100*4 ギア比 2.67
台車 DT-11 制御方式 ABFM ブレーキ AMA
1978年導入1984年から車体更新1986年からは冷房化改造
1992年からカルダン駆動化  参考文献 PR-9 1985.8


西日本鉄道 宮地岳線 313系_313F① モ313形 313 Mc

西日本鉄道 宮地岳線 313系_313F① モ313形 313 Mc

モ313  Mc 313.4.6  製造 近畿車両 1952  車体:半鋼製
長さ/幅/高さ: 18.697/ 2.740/ 4.045  重量39.2
定員(座席): 130( 66) 冷房装置 なし
モーター:MT-15C  出力*個数:104*4 ギア比 2.26
台車 DT-12 制御方式 ABFM ブレーキ AMA
1977年導入1984年から車体更新1986年からは冷房化改造  
1992年からカルダン駆動化(314を除く)  参考文献 PR-9 1985.8


西日本鉄道 宮地岳線 313系_313F② ク363形 363 Tc

西日本鉄道 宮地岳線 313系_313F② ク363形 363 Tc

ク363  Tc 363.4.5  製造 近畿車両 1952   車体:半鋼製
長さ/幅/高さ: 18.697 /2.740 /3.913  重量24.1
定員(座席): 130 66   冷房装置 なし
モーター  なし - 出力*個数 ギア比 - -
台車 TR-23 制御方式 - ブレーキ ACA
1978年導入1984年から車体更新1986年からは冷房化改造
参考文献 PR-9 1985.8


西日本鉄道 宮地岳線 313系_314F② ク363形 364 Tc

西日本鉄道 宮地岳線 313系_314F② ク363形 364 Tc

ク363  Tc 363.4.5  製造 近畿車両 1952   車体:半鋼製
長さ/幅/高さ: 18.697 /2.740 /3.913  重量24.1
定員(座席): 130 66   冷房装置 なし
モーター  なし - 出力*個数 ギア比 - -
台車 TR-23 制御方式 - ブレーキ ACA
1978年導入1984年から車体更新1986年からは冷房化改造
参考文献 PR-9 1985.8


西日本鉄道 宮地岳線 313系_315F① モ313形 315 Mc

西日本鉄道 宮地岳線 313系_315F① モ313形 315 Mc

モ313  Mc 315  製造 近畿車両 1952  車体: 半鋼製
長さ/幅/高さ:18.697/ 2.740/ 4.045 重量39.2
定員(座席) 130 (66 )冷房装置 なし
モーター:MT-7 出力*個数 100*4 ギア比 2.67
台車 DT-11 制御方式 ABFM ブレーキ AMA
1978年導入1984年から車体更新1986年からは冷房化改造
1992年からカルダン駆動化  参考文献 PR-9 1985.8 ほか


西日本鉄道 宮地岳線 313系 冷房改造車 313F① モ313形 313 Mc

西日本鉄道 宮地岳線 313系 冷房改造車 313F① モ313形 313 Mc

西日本鉄道 313系 313F 宮地岳線用 2両編成 編成表
←津屋崎①  貝塚→
313-363 Mc-Tc 台車はDT12/TR23(モータMT15C)
1977年宮地岳線に、1984年から車体更新、1986年から冷房化、
1992年カルダン駆動に改造(314Fをのぞく)
参考:私鉄編成表88年版  撮影1989.1.16


西日本鉄道 宮地岳線 313系 冷房改造車 313F② ク363形 363 Tc

西日本鉄道 宮地岳線 313系 冷房改造車 313F② ク363形 363 Tc

西日本鉄道 313系 313F 宮地岳線用 2両編成 編成表
←津屋崎①  貝塚→
313-363 Mc-Tc 台車はDT12/TR23(モータMT15C)
1977年宮地岳線に、1984年から車体更新、1986年から冷房化、

参考:私鉄編成表88年版  撮影1989.1.16


西日本鉄道 宮地岳線 313系 冷房改造車 314F① モ313形 314 Mc

西日本鉄道 宮地岳線 313系 冷房改造車 314F① モ313形 314 Mc

西日本鉄道 313系 314F 宮地岳線用 2両編成 編成表
←津屋崎①  貝塚→
314-364 Mc-Tc 台車はDT12/TR23(モータMT15C)
1977年宮地岳線に、1984年から車体更新、1986年から冷房化、
カルダン駆動に改造せず
参考:私鉄編成表88年版  撮影1989.1.16


西日本鉄道 宮地岳線 313系 冷房改造車 315F① モ313形 315 Mc

西日本鉄道 宮地岳線 313系 冷房改造車 315F① モ313形 315 Mc

モ313  Mc 315  製造 近畿車両 1952  車体: 半鋼製
長さ/幅/高さ:18.697/ 2.740/ 4.045 重量39.2
定員(座席) 130 (66 )冷房装置 なし
モーター:MT-7 出力*個数 100*4 ギア比 2.67
台車 DT-11 制御方式 ABFM ブレーキ AMA
1978年導入1984年から車体更新1986年からは冷房化改造
1992年からカルダン駆動化  参考文献 PR-9 1985.8ほか


西日本鉄道 宮地岳線 313系 冷房改造車 315F② ク363形 365 Tc

西日本鉄道 宮地岳線 313系 冷房改造車 315F② ク363形 365 Tc

モ313  Mc 315  製造 近畿車両 1952  車体: 半鋼製
長さ/幅/高さ:18.697/ 2.740/ 4.045 重量39.2
定員(座席) 130 (66 )冷房装置 なし
モーター:MT-7 出力*個数 100*4 ギア比 2.67
台車 DT-11 制御方式 ABFM ブレーキ AMA
1978年導入1984年から車体更新1986年からは冷房化改造
1992年からカルダン駆動化 参考文献 PR-9 1985.8ほか


西日本鉄道 宮地岳線 313系 冷房改造車 316F① モ313形 316 Mc

西日本鉄道 宮地岳線 313系 冷房改造車 316F① モ313形 316 Mc

西日本鉄道 313系 316F 宮地岳線用 2両編成 編成表
←津屋崎①  貝塚→
316-366 Mc-Tc 台車はDT12/TR23(モータMT15C)
1977年宮地岳線に、1984年から車体更新、1986年から冷房化、
1992年カルダン駆動に改造(314Fをのぞく)
参考:私鉄編成表88年版  撮影1989.1.16


西日本鉄道 宮地岳線 313系 冷房改造車 316F② ク363形 366 Tc

西日本鉄道 宮地岳線 313系 冷房改造車 316F② ク363形 366 Tc

西日本鉄道 313系 316F 宮地岳線用 2両編成 編成表
←津屋崎①  貝塚→
316-366 Mc-Tc 台車はDT12/TR23(モータMT15C)
1977年宮地岳線に、1984年から車体更新、1986年から冷房化、
1992年カルダン駆動に改造(314Fをのぞく)
参考:私鉄編成表88年版  撮影1989.1.16


西日本鉄道 宮地岳線 313系カルダン駆動改造車_313F① モ313形 313 Mc

西日本鉄道 宮地岳線 313系カルダン駆動改造車_313F① モ313形 313 Mc

モ313改  Mc 313.5.6  1992年からカルダン駆動化(314を除く)
定員(座席) 130 46  冷房装置 あり
モーター HS836-Frb 出力*個数 ギア比 120*4 5.6
台車 FS-342 制御方式 HT-20A ブレーキ AMA
1977年から導入1984年から車体更新1986年からは冷房化 参考文献 RP668 1999.1


西日本鉄道 宮地岳線 313系カルダン駆動改造車_313F② モ363形 363 Mc 92年にク363を電装

西日本鉄道 宮地岳線 313系カルダン駆動改造車_313F② モ363形 363 Mc 92年にク363を電装

モ363 改 Mc 363.5.6  1992年から電装、カルダン駆動化(364を除く)
定員(座席): 130 46   冷房装置 あり
モーター:HS836-Frb  出力*個数 120×2  ギア比5.6
台車 FS-342 制御方式 - ブレーキ AMA   参考文献 RP668 1999.1


西日本鉄道 宮地岳線 313系カルダン駆動改造車_315F② モ363形 365 Mc 92年にク365を電装

西日本鉄道 宮地岳線 313系カルダン駆動改造車_315F② モ363形 365 Mc 92年にク365を電装

モ363 改 Mc 363.5.6  1992年から電装、カルダン駆動化(364を除く)
定員(座席): 130 46   冷房装置 あり
モーター:HS836-Frb  出力*個数 120×2  ギア比5.6
台車 FS-342 制御方式 - ブレーキ AMA   参考文献 RP668 1999.1


西日本鉄道 宮地岳線 313系カルダン駆動改造車_316F② モ363形 366 Mc 92年にク366を電装

西日本鉄道 宮地岳線 313系カルダン駆動改造車_316F② モ363形 366 Mc 92年にク366を電装

モ363 改 Mc 363.5.6  1992年から電装、カルダン駆動化(364を除く)
定員(座席): 130 46   冷房装置 あり
モーター:HS836-Frb  出力*個数 120×2  ギア比5.6
台車 FS-342 制御方式 - ブレーキ AMA   参考文献 RP668 1999.1


西日本鉄道 宮地岳線 313系リニューアル車_314F① モ313形 314 Mc 

西日本鉄道 宮地岳線 313系リニューアル車_314F① モ313形 314 Mc 

カルダン駆動改造車に見間違いそうですが、ツリカケ駆動のままです。


西日本鉄道 宮地岳線 313系リニューアル車_314F② ク363形 364 Tc 

西日本鉄道 宮地岳線 313系リニューアル車_314F② ク363形 364 Tc 

カルダン駆動改造車に見間違いそうですが、ツリカケ駆動編成です。