js3vxw-02.cocolog-nifty.com > T6 西日本鉄道(北九州市内線) 66形_200形_300形 

西鉄66形(66~ 85)は1929年に新潟鉄工、川崎車輌(現・川崎重工業)において新製されました。66形という形式は、35から65まで製造された35形の続き番号です。車体は全鋼製車体で当時の路面電車としては珍しいものでした。 台車は川崎車輌製の76E-2、主電動機の出力は45kW。 これはその後の北九州線の標準スペックとなります。 しかし、車両重量があまりに重く、1950年に車体を軽量化することとなりました。内装を木製化することで軽量化したグループと別途半鋼製車体を新製し載せ替えたグループとがあります。 1964~67年にかけ車体新製車グループのうち9両が、福岡市内線に転属しました。1975年の福岡市内線一部廃止により、うち8両が北九州線に再び転属しました。1980年には車体更新がなされましたが、 1992年、北九州線路線大幅縮小の際に廃車。形式消滅しました。

西日本鉄道 北九州線 60形 66

西日本鉄道 北九州線 60形 66

西鉄北九州線 66形 66~69、71
昭和25年 新潟鉄工所製  半鋼製車体
12.200×2.400×4.022 16.3t
ツリカケ駆動 45kw×2  
台車;ブリル76-E→k-10 定員80人


西日本鉄道 北九州線 60形 68

西日本鉄道 北九州線 60形 68

西鉄北九州線 66形 66~69、71
昭和25年 新潟鉄工所製  半鋼製車体
12.200×2.400×4.022 16.3t
ツリカケ駆動 45kw×2  
台車;ブリル76-E→k-10 定員80人


西日本鉄道 北九州線 60形 69

西日本鉄道 北九州線 60形 69

西鉄北九州線 66形 66~69、71
昭和25年 新潟鉄工所製  半鋼製車体
12.200×2.400×4.022 16.3t
ツリカケ駆動 45kw×2  
台車;ブリル76-E→k-10 定員80人


西日本鉄道 北九州線 60形 71

西日本鉄道 北九州線 60形 71

西鉄北九州線 66形 66~69、71
昭和25年 新潟鉄工所製  半鋼製車体
12.200×2.400×4.022 16.3t
ツリカケ駆動 45kw×2  
台車;ブリル76-E→k-10 定員80人


西日本鉄道 北九州線 60形 73

西日本鉄道 北九州線 60形 73

西鉄北九州線 66形 72~75
昭和25年 川崎車両製  半鋼製車体
12.200×2.400×4.022 16.3t
ツリカケ駆動 45kw×2  
台車;ブリル76-E→k-10 定員80人


*西日本鉄道 北九州線 200形 201

*西日本鉄道 北九州線 200形 201

西鉄 北200形は初期の車両の台車と電気機器を流用し、1934~37年にかけて製造されました。1952年、台車をK-10に、主電動機を45kWのものに取り替えて低床化、他車と仕様を統一しました。1973~77年にかけ廃車となりました。

西鉄北九州線 200形 201~213
1934~37年 木南車両製  
11.780×2.400×4.100 13.9t
ツリカケ駆動 45kw×2  
台車;K-10 定員80人(席28)


*西日本鉄道 北九州線 300形 304

*西日本鉄道 北九州線 300形 304

西鉄300形は福岡市内線用として1963~64年に九州車輌で5両が製造されました。100形の機器を流用しており100形の改造という扱いになっています。1975年の福岡市内線の一部廃止により北九州線に転用されました。1985年の北九州線一部廃止の際に5両とも廃車となっています。

西鉄北九州線 300形 301~305
1963~64年 九州車両製  半鋼製車体
11.000×2.400×4.100 15.3t
ツリカケ駆動 45kw×2  
台車;KL-11 定員80人(席24)