js3vxw-02.cocolog-nifty.com > T6 西日本鉄道(北九州市内線) 100形 

西鉄100形は、1936~40年にかけ57両が日本車輌製造と汽車製造東京支店の2社で製造されました。 1935年に初代100形が消滅し、空番になったことから2代目100形となりました。結果1934年製の200形よりも若い番号の形式が付与されています。 1939~40年に製造されたグループは、外観が大きく変わり、正面が若干傾斜しています。また汽車製の118 - 124は旧式の丸屋根ですが、日車製の125 - 137は張り上げ屋根となっています。台車は日車製がC-10(ブリル76E2系タイプ)またはK-10、汽車製がLH(ボールドウィン54-18Lタイプ)となります。 1952年から戦後製の500形や600形と仕様を合わせるため、改造工事が実施されました。扉を前後扉に変更し前照灯の位置も前面窓下に統一されました。1971年にワンマン改造された10両については1978~80年にかけ更新改造を実施、1985年の北九州線路線縮小まで活躍しました。

西日本鉄道 北九州線 100形 120 汽車会社製

西日本鉄道 北九州線 100形 120 汽車会社製

西鉄北九州線 100形 118~124
昭和25年 汽車会社製  
12.080×2.280×4.022 17.0t
ツリカケ駆動 45kw×2  
台車;LH 定員70人(席30)
参考文献 路面電車ガイドブック 誠文堂新光社


西日本鉄道 北九州線 100形 138 日本車輌製

西日本鉄道 北九州線 100形 138 日本車輌製

西鉄北九州線 100形 138~147
1940年 日本車輌製  
12.080×2.280×4.022 17.0t(ワンマンカーは17.3t)
ツリカケ駆動 45kw×2  
台車;K-10 定員70人(席30)
参考文献 路面電車ガイドブック 誠文堂新光社


西日本鉄道 北九州線 100形 139 日本車輌製

西日本鉄道 北九州線 100形 139 日本車輌製

西鉄北九州線 100形 138~147
1940年 日本車輌製  
12.080×2.280×4.022 17.0t(ワンマンカーは17.3t)
ツリカケ駆動 45kw×2  
台車;K-10 定員70人(席30)
参考文献 路面電車ガイドブック 誠文堂新光社


西日本鉄道 北九州線 100形 150 汽車会社製

西日本鉄道 北九州線 100形 150 汽車会社製

西鉄北九州線 100形 148~157
1940年 汽車会社製  
12.080×2.280×4.022 17.0t(ワンマンカーは17.3t)
ツリカケ駆動 45kw×2  
台車;LH 定員70人(席30)
参考文献 路面電車ガイドブック 誠文堂新光社