名古屋鉄道 デキ400形 電気機関車 401

撮影場所:三河知立

名鉄 デキ400形は、日車製の車体に、ウェスチングハウス社製の電装品を組み込んだ1930年製の箱形電機。
愛知電気鉄道が発注した最後の機関車です。
1935年の名鉄との合併に伴い400は402に改番されています。
以後、東部・三河線で使用されてきましたが、貨物廃止後は矢作橋駅構内に常駐、夜間に工事用として使用されているようです。 1993年にはリニューアル。
制御装置や電動発電機なども交換し、あわせて車体塗色もブルーに変更されました。