名古屋鉄道 デキ200形 電気機関車 201

撮影場所:大曽根

名鉄 デキ200形は1927年3月に瀬戸電気鉄道デキ1・2として新製されました。(日車製)
凸形車体(車体長:10.2m・自重:30.5t)の600V電機で、モータ(三菱製)の出力は75.5kW(×4)、軸配置はB+Bです。
瀬戸電気鉄道は、1939年に名鉄に吸収合併されて名鉄瀬戸線となり、デキ200形201, 202に改番されました。1978年1月、瀬戸線の貨物輸送が廃止され、同年3月に1500V昇圧により廃車されました。撮影1977年 冬