名古屋鉄道 デキ370形 電気機関車 379  瀬戸線用

撮影場所:喜多山

名鉄 デキ370形(370、371)は1925年製の輸入電機。
ボールドウィン社(車体・台車)とウェスティングハウス社(電装品)の合作です。
1928~29年には372~374・376~379の7両が追加製造されます。これらはウェスティングハウス社製の電装品に日車製の車体と台車を組み合わせました。
(愛知電気鉄道が名古屋鉄道へ統合される際、371~379へ改番されています。)
1500V機ですが、370・371の2両については600Vと1500Vの複電圧仕様となっています。貨物廃止後、車庫の入換用として3両が残りました。376は1978年に瀬戸線が直流1,500Vへ昇圧された際に転属し、その後379も1996年に瀬戸線へ転属しています。これら2両は2007年の喜多山車庫閉鎖とともに廃車。378は、1997年に新川工場から新しく開設された舞木検査場へと移動となりましたがこちも老朽化のため廃車となりました。