js3vxw-02.cocolog-nifty.com > P2 名古屋鉄道の電気機関車

国鉄と同じ、狭軌路線を持つ大手私鉄では、かつて当たり前のように機関車がいました。しかし今ではほとんどその姿を消してしまっています。しかし、名鉄には、まだ工事用、構内入換用にまだ機関車が残っています。もちろん廃止になってしまったものもありますが、それらも含めてここでご紹介します。

名古屋鉄道 デキ200形 電気機関車 201

名古屋鉄道 デキ200形 電気機関車 201

名鉄 デキ200形は1927年3月に瀬戸電気鉄道デキ1・2として新製されました。(日車製)
凸形車体(車体長:10.2m・自重:30.5t)の600V電機で、モータ(三菱製)の出力は75.5kW(×4)、軸配置はB+Bです。
瀬戸電気鉄道は、1939年に名鉄に吸収合併されて名鉄瀬戸線となり、デキ200形201, 202に改番されました。1978年1月、瀬戸線の貨物輸送が廃止され、同年3月に1500V昇圧により廃車されました。撮影1977年 冬


名古屋鉄道 デキ200形 電気機関車 202

名古屋鉄道 デキ200形 電気機関車 202

10,180×2,530×4,015 30.5t
:直流600V  主電動機:MB-146A(75.5kW)×4(歯車比:1:4.19)
抵抗制御、電磁空気単位スイッチ式
AMF空気ブレーキ、手ブレーキ


名古屋鉄道 デキ300形 電気機関車 302

名古屋鉄道 デキ300形 電気機関車 302

名鉄デキ300形は元三河鉄道のキ10形(10~15)。
10.11は日車で1926年に製造、12.13.14は三菱造船所で1927~29年に製造されました。
またほぼ同型の一畑電気鉄道デキ1形(デキ1)三河鉄道に譲渡されてキ10形15となります。
1941年に三河鉄道は名鉄に統合され、形式はデキ300形と改められました。
1964年、304が火災で廃車、1966年、301が踏切事故で廃車、1984年、貨物列車消滅により302が廃車となりました。
303, 305, 306に関しては入換・列車搬入用などに残すこととなり、1993~94年に車体更新工事をしています。


名古屋鉄道 デキ300形 電気機関車 303 更新工事以前

名古屋鉄道 デキ300形 電気機関車 303 更新工事以前

名鉄デキ300形は元三河鉄道のキ10形(10~15)。
10.11は日車で1926年に製造、12.13.14は三菱造船所で1927~29年に製造されました。
またほぼ同型の一畑電気鉄道デキ1形(デキ1)三河鉄道に譲渡されてキ10形15となります。
1941年に三河鉄道は名鉄に統合され、形式はデキ300形と改められました。
1964年、304が火災で廃車、1966年、301が踏切事故で廃車、1984年、貨物列車消滅により302が廃車となりました。
303, 305, 306に関しては入換・列車搬入用などに残すこととなり、1993~94年に車体更新工事をしています。


名古屋鉄道 デキ370形 電気機関車 376  瀬戸線配属以前

名古屋鉄道 デキ370形 電気機関車 376  瀬戸線配属以前

名鉄 デキ370形(370、371)は1925年製の輸入電機。
ボールドウィン社(車体・台車)とウェスティングハウス社(電装品)の合作です。
1928~29年には372~374・376~379の7両が追加製造されます。これらはウェスティングハウス社製の電装品に日車製の車体と台車を組み合わせました。
(愛知電気鉄道が名古屋鉄道へ統合される際、371~379へ改番されています。)
1500V機ですが、370・371の2両については600Vと1500Vの複電圧仕様となっています。貨物廃止後、車庫の入換用として3両が残りました。376は1978年に瀬戸線が直流1,500Vへ昇圧された際に転属し、その後379も1996年に瀬戸線へ転属しています。これら2両は2007年の喜多山車庫閉鎖とともに廃車。378は、1997年に新川工場から新しく開設された舞木検査場へと移動となりましたがこちも老朽化のため廃車となりました。


名古屋鉄道 デキ370形 電気機関車 379  瀬戸線用

名古屋鉄道 デキ370形 電気機関車 379  瀬戸線用

名鉄 デキ370形(370、371)は1925年製の輸入電機。
ボールドウィン社(車体・台車)とウェスティングハウス社(電装品)の合作です。
1928~29年には372~374・376~379の7両が追加製造されます。これらはウェスティングハウス社製の電装品に日車製の車体と台車を組み合わせました。
(愛知電気鉄道が名古屋鉄道へ統合される際、371~379へ改番されています。)
1500V機ですが、370・371の2両については600Vと1500Vの複電圧仕様となっています。貨物廃止後、車庫の入換用として3両が残りました。376は1978年に瀬戸線が直流1,500Vへ昇圧された際に転属し、その後379も1996年に瀬戸線へ転属しています。これら2両は2007年の喜多山車庫閉鎖とともに廃車。378は、1997年に新川工場から新しく開設された舞木検査場へと移動となりましたがこちも老朽化のため廃車となりました。


名古屋鉄道 デキ400形 電気機関車 401

名古屋鉄道 デキ400形 電気機関車 401

名鉄 デキ400形は、日車製の車体に、ウェスチングハウス社製の電装品を組み込んだ1930年製の箱形電機。
愛知電気鉄道が発注した最後の機関車です。
1935年の名鉄との合併に伴い400は402に改番されています。
以後、東部・三河線で使用されてきましたが、貨物廃止後は矢作橋駅構内に常駐、夜間に工事用として使用されているようです。 1993年にはリニューアル。
制御装置や電動発電機なども交換し、あわせて車体塗色もブルーに変更されました。


名古屋鉄道 デキ400形 電気機関車 402 リニューアル車

名古屋鉄道 デキ400形 電気機関車 402 リニューアル車

名鉄 デキ400形は、日車製の車体に、ウェスチングハウス社製の電装品を組み込んだ1930年製の箱形電機。
愛知電気鉄道が発注した最後の機関車です。
1935年の名鉄との合併に伴い400は402に改番されています。
以後、東部・三河線で使用されてきましたが、貨物廃止後は矢作橋駅構内に常駐、夜間に工事用として使用されているようです。 1993年にはリニューアル。
制御装置や電動発電機なども交換し、あわせて車体塗色もブルーに変更されました。


名古屋鉄道 デキ600形 電気機関車 601

名古屋鉄道 デキ600形 電気機関車 601

名鉄 デキ600形はいわゆる「東芝40t」と呼ばれる凸型電機です。
1943年から東芝が製造した戦時標準型で、603と604は中国海南島の日本窒素海南工業所に送られる手はずとなっていましたが戦局の悪化で輸送ができず、これら2両を1945年名鉄が譲り受けたものです。
貨物輸送の主力として使用されましたが、現在は車庫等に常駐し、入換に従事しています。
1992年にリニューアル整備を行い塗色をブルーに変更、制御装置や電動発電機なども交換されました。


名古屋鉄道 デキ600形 電気機関車 602

名古屋鉄道 デキ600形 電気機関車 602

11,050×2,865×4,050  40.0t
1500V電機 軸配置はB-B 歯車1段減速、吊り掛け式
台車は板台枠形のイコライザ式
主電動機はSE130C形(110kW)×4 ギア比は4.65
制御方式は、ツリカケ。電磁空気単位スイッチ式
空気ブレーキ、手ブレーキ


名古屋鉄道 デキ600形 電気機関車 603

名古屋鉄道 デキ600形 電気機関車 603

名鉄 デキ600形はいわゆる「東芝40t」と呼ばれる凸型電機です。
1943年から東芝が製造した戦時標準型で、603と604は中国海南島の日本窒素海南工業所に送られる手はずとなっていましたが戦局の悪化で輸送ができず、これら2両を1945年名鉄が譲り受けたものです。
貨物輸送の主力として使用されましたが、現在は車庫等に常駐し、入換に従事しています。
1992年にリニューアル整備を行い塗色をブルーに変更、制御装置や電動発電機なども交換されました。


名古屋鉄道 ワム5200形有蓋貨車 5212 瀬戸線用 

名古屋鉄道 ワム5200形有蓋貨車 5212 瀬戸線用