名鉄800系は、もと名岐鉄道デボ800形(1935年製)ですが、
同年8月の愛知電気鉄道と合併により名古屋鉄道が発足、モ800と改称されています。
当初西部線は600V路線でしたが、直通運転が前提となっていましたので
1500V昇圧準備工事を施して登場しています。
なお18m級の車体に電動カム軸式自動加速制御器を装備したこれらの吊り掛け駆動車は
後に「AL車」と総称されることになります。
1937年にはク2300形が、翌1938年にはサ2310形が増備されています。
しかし1942年にはク2300全車が電装され、サ2310については先頭車改造がなされました(→ク2310)。
モ800形は両運転台だったこともあって、様々な試験用車両として供されました。