名古屋鉄道 3600系 3601F② ク2600形 2601 AL車 2連  

撮影場所:ナゴヤ球場前

名鉄3600系
3400系の投入(1937年)後、東部線用として1941年に製造されました。
登場時は愛電3300系でしたが1952年3600系に改められます。
油圧カム軸式多段制御器PB2を備え、3400系に負けない高性能車両でした。
1955年に01~03Fが複電圧車に改造され、600V区間であった西尾線・蒲郡線との直通列車に使用されたこともあります。(1965年に同区間は昇圧)
1987年までに全車廃車となりました。