js3vxw-02.cocolog-nifty.com > P2 名古屋鉄道 3600系(3650系) 3800系 3850系 AL車(2ドア車)

ここでは、名鉄のAL車(吊り掛け駆動となる間接自動制御車)のうち3600系(1941年製 登場時は愛電3300系。1952年改番)。 およびその派生系列である3650系。 をはじめ同じく2ドアクロスシート車となる 3800系(運輸省私鉄標準規格車。1948年~)。 3850系(SR車のはしりともいえるの特急用車両。1951年製)。 をUPしています。

名古屋鉄道 3600系 3601F② ク2600形 2601 AL車 2連  

名古屋鉄道 3600系 3601F② ク2600形 2601 AL車 2連  

名鉄3600系
3400系の投入(1937年)後、東部線用として1941年に製造されました。
登場時は愛電3300系でしたが1952年3600系に改められます。
油圧カム軸式多段制御器PB2を備え、3400系に負けない高性能車両でした。
1955年に01~03Fが複電圧車に改造され、600V区間であった西尾線・蒲郡線との直通列車に使用されたこともあります。(1965年に同区間は昇圧)
1987年までに全車廃車となりました。


名古屋鉄道 3600系 3602F① モ3600形 3602 AL車 2連  

名古屋鉄道 3600系 3602F① モ3600形 3602 AL車 2連  

名古屋鉄道 3600系 AL車 2両編成 編成表
←豊橋①       ②新岐阜 →
モ3600--ク2600  Mc--Tc  01~03F 
参考:私鉄車両編成表80年版


名古屋鉄道 3600系 3602F② ク2600形 2602 AL車 2連  

名古屋鉄道 3600系 3602F② ク2600形 2602 AL車 2連  

名古屋鉄道 3600系 AL車 2両編成 編成表
←豊橋①       ②新岐阜 →
モ3600--ク2600  Mc--Tc  01~03F 
参考:私鉄車両編成表80年版


名古屋鉄道 3650系 3651F① モ3650形 3651 AL車 2連  

名古屋鉄道 3650系 3651F① モ3650形 3651 AL車 2連  

3650系は3500系であったク2650形と組成したモ3600(2編成)を区別してこう呼ばれています。


名古屋鉄道 3800系 3818F① ク2800形 2818 AL車 2連  

名古屋鉄道 3800系 3818F① ク2800形 2818 AL車 2連  

名鉄3800系
釣り掛け駆動のAL車(間接自動制御車)で、運輸省私鉄標準規格である17m級半鋼製車体を持つ2ドアロングシート車です。
1948年の西部線の昇圧・東西直通運転の開始にあわせ、新岐阜~豊橋間の直通特急車として2連×10=20両(3801-2801~3810-2810)が登場。49年には2連×25=50両(3811-2811~3835-2835)を増備、名古屋本線の主力車となりました。
他社に譲渡されたもの、または7300系へと更新されたものもあり、その数を大きく減らしましたが、1960年代に転換クロスシートに改造されました。
また更新工事も様々でしたので、その形態はバラエティに富んでいます。
1990年に全廃されました。


名古屋鉄道 3800系 3821F① モ3800形 3821 AL車 2連  

名古屋鉄道 3800系 3821F① モ3800形 3821 AL車 2連  

名古屋鉄道 3800系 AL車 2両編成 編成表
←豊橋①       ②新岐阜 →
モ3800--ク2800  Mc--Tc  21、26~35F(29は欠) 
参考:私鉄車両編成表78年版 


名古屋鉄道 3800系 3821F② ク2800形 2821 AL車 2連  

名古屋鉄道 3800系 3821F② ク2800形 2821 AL車 2連  

名古屋鉄道 3800系 AL車 2両編成 編成表
←豊橋①       ②新岐阜 →
モ3800--ク2800  Mc--Tc  21、26~35F(29は欠) 
参考:私鉄車両編成表78年版 


名古屋鉄道 3800系 3830F① モ3800形 3830 AL車 2連  

名古屋鉄道 3800系 3830F① モ3800形 3830 AL車 2連  

名古屋鉄道 3800系 AL車 2両編成 編成表
←豊橋①       ②新岐阜 →
モ3800--ク2800  Mc--Tc  21、26~35F(29は欠) 
参考:私鉄車両編成表78年版


名古屋鉄道 3800系 3830F② ク2800形 2830 AL車 2連  

名古屋鉄道 3800系 3830F② ク2800形 2830 AL車 2連  

名古屋鉄道 3800系 AL車 2両編成 編成表
←豊橋①       ②新岐阜 →
モ3800--ク2800  Mc--Tc  21、26~35F(29は欠) 
参考:私鉄車両編成表78年版 


名古屋鉄道 3800系 3831F① モ3800形 3831 AL車 2連  

名古屋鉄道 3800系 3831F① モ3800形 3831 AL車 2連  

名古屋鉄道 3800系 AL車 2両編成 編成表
←豊橋①       ②新岐阜 →
モ3800--ク2800  Mc--Tc  21、26~35F(29は欠) 
参考:私鉄車両編成表78年版 


名古屋鉄道 3800系 3831F② ク2800形 2831 AL車 2連  

名古屋鉄道 3800系 3831F② ク2800形 2831 AL車 2連  

名古屋鉄道 3800系 AL車 2両編成 編成表
←豊橋①       ②新岐阜 →
モ3800--ク2800  Mc--Tc  21、26~35F(29は欠) 
参考:私鉄車両編成表78年版 


名古屋鉄道 3800系 3831F② ク2800形 2831 AL車 2連  

名古屋鉄道 3800系 3831F② ク2800形 2831 AL車 2連  

名古屋鉄道 3800系 AL車 2両編成 編成表
←豊橋①       ②新岐阜 →
モ3800--ク2800  Mc--Tc  21、26~35F(29は欠) 
参考:私鉄車両編成表78年版 


名古屋鉄道 3800系 3835F① モ3800形 3835 AL車 2連  

名古屋鉄道 3800系 3835F① モ3800形 3835 AL車 2連  

名古屋鉄道 3800系 AL車 2両編成 編成表
←豊橋①       ②新岐阜 →
モ3800--ク2800  Mc--Tc  21、26~35F(29は欠) 
参考:私鉄車両編成表78年版 


名古屋鉄道 3850系 3855F① モ3850形 3855 AL車 2連  

名古屋鉄道 3850系 3855F① モ3850形 3855 AL車 2連  

名鉄3850系
吊り掛け駆動のAL車(間接自動制御車)です。
2ドアクロスシートの特急用車両で1951年に 2連×10=20両が製造されています。
半鋼製車体ですが、ノーシルヘッダーの近代的な車体で、その長さは以後、名鉄の標準となる18.83mとなりました。
鋳鋼製のFS-107台車は、「ゲルリッツ式」とよばれるもので乗り心地はいいのですが、重量が重いという欠点があります。
1990年までに全車廃車となりました。台車や機器は一部6750系などに流用されました。


名古屋鉄道 3850系 3855F② ク2850形 2855 AL車 2連  

名古屋鉄道 3850系 3855F② ク2850形 2855 AL車 2連  

名古屋鉄道 3850系 AL車 2両編成 編成表
←豊橋①       ②新岐阜 →
モ3850--ク2850  Mc--Tc  51~60F 
参考:私鉄車両編成表83年版 


名古屋鉄道 3850系 3856F② ク2850形 2856 AL車 2連  

名古屋鉄道 3850系 3856F② ク2850形 2856 AL車 2連  

名古屋鉄道 3850系 AL車 2両編成 編成表
←豊橋①       ②新岐阜 →
モ3850--ク2850  Mc--Tc  51~60F 
参考:私鉄車両編成表83年版 


名古屋鉄道 3850系 3857F② ク2850形 2857 AL車 2連  

名古屋鉄道 3850系 3857F② ク2850形 2857 AL車 2連  

名古屋鉄道 3850系 AL車 2両編成 編成表
←豊橋①       ②新岐阜 →
モ3850--ク2850  Mc--Tc  51~60F 
参考:私鉄車両編成表83年版