js3vxw-02.cocolog-nifty.com > P2 名古屋鉄道 瀬戸線 6600系 6750系

名鉄の6600系は瀬戸線の昇圧(600V→1500V)と栄町駅への乗り入れ開始にあわせ、1978年3月に(2連×6本=12両)投入されました。 クロスシートでしたが、非冷房車としてデビューしています。開閉可能のユニット窓がついているのはそういうわけです。冷房については1985年と1989年に7000系の廃車発生品が取り付けられました。 なお、1988年にすべてロングシート化されています。 6750系は、1978年の昇圧以降、瀬戸線で運用されていた非冷房車である3770系や3780系などのHL車(=間接制御とはいえ手動で加速する方式である旧型車)を取り替えるべく、1986年。6650系としてデビューしました。1990年には仕様を大きく変えた(4連×5本=20両)が落成し、のち6750系と称される事になりました。 車体は新品ですが足回りはというとAL車(間接自動制御車)3900系の機器を流用することとなりました。 ですから24両すべてが旧式のツリカケ駆動となっています。

名鉄 瀬戸線 6600系 6603F① ク6600形 6603

名鉄 瀬戸線 6600系 6603F① ク6600形 6603

名古屋鉄道 6600系(瀬戸線用) 2両編成 編成表
←尾張瀬戸①     栄町 →
ク6600-モ6700
Tc-Mc   01F-06F 編成ごとに下一桁を揃えている。   
参考:私鉄編成表07年版    撮影2005.3


名鉄 瀬戸線 6600系 6603F② モ6700形 6703

名鉄 瀬戸線 6600系 6603F② モ6700形 6703

名古屋鉄道 6600系(瀬戸線用) 2両編成 編成表
←尾張瀬戸①     栄町 →
ク6600-モ6700
Tc-Mc   01F-06F 編成ごとに下一桁を揃えている。   
参考:私鉄編成表07年版    撮影2005.3


名鉄 瀬戸線 6600系 6605F① ク6600形 6605

名鉄 瀬戸線 6600系 6605F① ク6600形 6605

名古屋鉄道 6600系(瀬戸線用) 2両編成 編成表
←尾張瀬戸①     栄町 →
ク6600-モ6700
Tc-Mc   01F-06F 編成ごとに下一桁を揃えている。   
参考:私鉄編成表07年版    撮影2005.3


名鉄 瀬戸線 6600系 6605F② モ6700形 6705

名鉄 瀬戸線 6600系 6605F② モ6700形 6705

名古屋鉄道 6600系(瀬戸線用) 2両編成 編成表
←尾張瀬戸①     栄町 →
ク6600-モ6700
Tc-Mc   01F-06F 編成ごとに下一桁を揃えている。   
参考:私鉄編成表07年版    撮影2005.3


名鉄 瀬戸線 6750系

名鉄 瀬戸線 6750系

名古屋鉄道 6750系(瀬戸線用) 4両編成 編成表
←尾張瀬戸①     栄町 →
モ6750-サ6680-モ6780-ク6650
Mc-T-M-Tc  53-57F 編成ごとに下一桁を揃えている。   
51.52Fは2連
参考:私鉄編成表07年版    撮影2009.9


名鉄 瀬戸線 6750系 6754F① モ6750形 6754 

名鉄 瀬戸線 6750系 6754F① モ6750形 6754 

名古屋鉄道 6750系(瀬戸線用) 4両編成 編成表
←尾張瀬戸①     栄町 →
モ6750-サ6680-モ6780-ク6650
Mc-T-M-Tc  53-57F 編成ごとに下一桁を揃えている。   
51.52Fは2連
参考:私鉄編成表07年版    撮影2009.9


名鉄 瀬戸線 6750系 6754F② サ6680形 6684 

名鉄 瀬戸線 6750系 6754F② サ6680形 6684 

名古屋鉄道 6750系(瀬戸線用) 4両編成 編成表
←尾張瀬戸①     栄町 →
モ6750-サ6680-モ6780-ク6650
Mc-T-M-Tc  53-57F 編成ごとに下一桁を揃えている。   
51.52Fは2連
参考:私鉄編成表07年版    撮影2009.9


名鉄 瀬戸線 6750系 6754F③ モ6780形 6784 

名鉄 瀬戸線 6750系 6754F③ モ6780形 6784 

名古屋鉄道 6750系(瀬戸線用) 4両編成 編成表
←尾張瀬戸①     栄町 →
モ6750-サ6680-モ6780-ク6650
Mc-T-M-Tc  53-57F 編成ごとに下一桁を揃えている。   
51.52Fは2連
参考:私鉄編成表07年版    撮影2009.9


名鉄 瀬戸線 6750系 6754F④ ク6650形 6654 

名鉄 瀬戸線 6750系 6754F④ ク6650形 6654 

名古屋鉄道 6750系(瀬戸線用) 4両編成 編成表
←尾張瀬戸①     栄町 →
モ6750-サ6680-モ6780-ク6650
Mc-T-M-Tc  53-57F 編成ごとに下一桁を揃えている。   
51.52Fは2連
参考:私鉄編成表07年版    撮影2009.9


名鉄 瀬戸線 6750系 6755F① モ6750形 6755

名鉄 瀬戸線 6750系 6755F① モ6750形 6755

名古屋鉄道 6750系(瀬戸線用) 4両編成 編成表
←尾張瀬戸①     栄町 →
モ6750-サ6680-モ6780-ク6650
Mc-T-M-Tc  53-57F 編成ごとに下一桁を揃えている。   
51.52Fは2連
参考:私鉄編成表07年版    撮影2009.9


名鉄 瀬戸線 6750系 6755F② サ6680形 6685

名鉄 瀬戸線 6750系 6755F② サ6680形 6685

名古屋鉄道 6750系(瀬戸線用) 4両編成 編成表
←尾張瀬戸①     栄町 →
モ6750-サ6680-モ6780-ク6650
Mc-T-M-Tc  53-57F 編成ごとに下一桁を揃えている。   
51.52Fは2連
参考:私鉄編成表07年版    撮影2005.3


名鉄 瀬戸線 6750系 6755F③ モ6750形 67855

名鉄 瀬戸線 6750系 6755F③ モ6750形 67855

名古屋鉄道 6750系(瀬戸線用) 4両編成 編成表
←尾張瀬戸①     栄町 →
モ6750-サ6680-モ6780-ク6650
Mc-T-M-Tc  53-57F 編成ごとに下一桁を揃えている。   
51.52Fは2連
参考:私鉄編成表07年版    撮影2009.9


名鉄 瀬戸線 6750系 6755F④ ク6650形 6655

名鉄 瀬戸線 6750系 6755F④ ク6650形 6655

名古屋鉄道 6750系(瀬戸線用) 4両編成 編成表
←尾張瀬戸①     栄町 →
モ6750-サ6680-モ6780-ク6650
Mc-T-M-Tc  53-57F 編成ごとに下一桁を揃えている。   
51.52Fは2連
参考:私鉄編成表07年版    撮影2005.3


名鉄 瀬戸線 デキ370形電気機関車 379

名鉄 瀬戸線 デキ370形電気機関車 379


名鉄 瀬戸線 ワム5200形有蓋貨車 5212

名鉄 瀬戸線 ワム5200形有蓋貨車 5212


名鉄 瀬戸線 *6600系 6602F① ク6600形 6602 

名鉄 瀬戸線 *6600系 6602F① ク6600形 6602 

名古屋鉄道 6600系(瀬戸線用) 2両編成 編成表
←尾張瀬戸①     栄町 →
ク6600-モ6700
Tc-Mc   01F-06F 編成ごとに下一桁を揃えている。   
参考:私鉄編成表07年版    撮影2005.3


名鉄 瀬戸線 *6600系 6605F② モ6700形 6705 

名鉄 瀬戸線 *6600系 6605F② モ6700形 6705 

名古屋鉄道 6600系(瀬戸線用) 2両編成 編成表
←尾張瀬戸①     栄町 →
ク6600-モ6700
Tc-Mc   01F-06F 編成ごとに下一桁を揃えている。   
参考:私鉄編成表07年版    撮影2005.3


*名鉄 瀬戸線 6600系 6603F② ク6700形 6703 

*名鉄 瀬戸線 6600系 6603F② ク6700形 6703 

名古屋鉄道 6600系(瀬戸線用) 2両編成 編成表
←尾張瀬戸①     栄町 →
ク6600-モ6700
Tc-Mc   01F-06F 編成ごとに下一桁を揃えている。   
参考:私鉄編成表07年版    撮影2005.3


*名鉄 瀬戸線 6600系 6607F② モ6700形 6706

*名鉄 瀬戸線 6600系 6607F② モ6700形 6706

名古屋鉄道 6600系(瀬戸線用) 2両編成 編成表
←尾張瀬戸①     栄町 →
ク6600-モ6700
Tc-Mc   01F-06F 編成ごとに下一桁を揃えている。   
参考:私鉄編成表07年版    撮影2005.3