名古屋鉄道 *揖斐線、谷汲線用 モ700形 702 (鉄道線車両 黒野検車区)

撮影場所:黒野

名古屋鉄道のモ700形は、デセホ700形として10両(S2年日車)新製されました。
制御器はES152B(電動カム軸式自動加速制御)、モーターはTDK516Aとなっており、
デッカー・システムと称されるE.E.社のライセンス製品(東洋電機製)で足周りを固めていました。台車は釣り合い梁式のボールドウィン型(701 - 705が日車製。706 - 710が住金製)で、車体は半鋼製となる昭和初期の典型的な車両です。