js3vxw-02.cocolog-nifty.com > P2 名古屋鉄道 瀬戸線 HL車 3730系 3750系 3780系 ほか旧型車など

名古屋鉄道の3730系3770系3780系は、いずれも旧型車の 走行機器を流用して製造したもので、間接非自動制御、すなわち手動加速のHL制御であることからHL車と呼ばれます。もちろん吊り掛け駆動です。 また流用されたモータの出力は75kWと低く、加えてMT比も1:1ですから 軽量車体をしても性能面ではかなり見劣りするものとなっています。 とくに冷房付きの3780系は重量が重い分、列車ダイヤの足を引っ張ったようです。 瀬戸線には1978年の昇圧時に3770系2両と3780系20両全車が移籍しました。 その後、3770系(12両)全車と3730系8両が瀬戸線に転属しています。 3770系・3730系は1990年にまでに全車引退、姿を消しましたが、 3780系はHL車唯一の冷房車でもあったことから、1996年5月まで活躍しました。

名古屋鉄道 瀬戸線 HL車 3730系 3752F② ク2750形 2752

名古屋鉄道 瀬戸線 HL車 3730系 3752F② ク2750形 2752

3730系は 1957年に旧型車の 走行機器を流用して製造した3700系HL車をベースに1964年、車体の仕様を変更した2扉車です。高運転台や1,400mm幅の両開き扉を採用したことが大きな特徴です。


名古屋鉄道 瀬戸線 HL車 3730系 3753F① モ3730形 3753

名古屋鉄道 瀬戸線 HL車 3730系 3753F① モ3730形 3753

3730系は 1957年に旧型車の 走行機器を流用して製造した3700系HL車をベースに1964年、車体の仕様を変更した2扉車です。高運転台や1,400mm幅の両開き扉を採用したことが大きな特徴です。


名古屋鉄道 瀬戸線 HL車 3730系 3754F① モ3730形 3754 

名古屋鉄道 瀬戸線 HL車 3730系 3754F① モ3730形 3754 

3730系は 1957年に旧型車の 走行機器を流用して製造した3700系HL車をベースに1964年、車体の仕様を変更した2扉車です。高運転台や1,400mm幅の両開き扉を採用したことが大きな特徴です。


名古屋鉄道 瀬戸線 HL車 3770系 3771F① モ3770形 3771 

名古屋鉄道 瀬戸線 HL車 3770系 3771F① モ3770形 3771 

3770系は、1966年以降に増備された転換クロスシート車です。新形式を与えられましたが1984年からはロングシートに改造されたため、3730系と実質的にその差はなくなっています。


名古屋鉄道 瀬戸線 HL車 3770系 3772F② ク2770形 2772

名古屋鉄道 瀬戸線 HL車 3770系 3772F② ク2770形 2772

3770系は、1966年以降に増備された転換クロスシート車です。新形式を与えられましたが1984年からはロングシートに改造されたため、3730系と実質的にその差はなくなっています。


名古屋鉄道 瀬戸線 HL車 3770系 3773F① モ3770形 3773 

名古屋鉄道 瀬戸線 HL車 3770系 3773F① モ3770形 3773 

3770系は、1966年以降に増備された転換クロスシート車です。新形式を与えられましたが1984年からはロングシートに改造されたため、3730系と実質的にその差はなくなっています。


名古屋鉄道 瀬戸線 HL車 3770系 3774F① モ3770形 3774

名古屋鉄道 瀬戸線 HL車 3770系 3774F① モ3770形 3774

3770系は、1966年以降に増備された転換クロスシート車です。新形式を与えられましたが1984年からはロングシートに改造されたため、3730系と実質的にその差はなくなっています。


名古屋鉄道 瀬戸線 HL車 3770系 3776F① モ3770形 3776 

名古屋鉄道 瀬戸線 HL車 3770系 3776F① モ3770形 3776 

3770系は、1966年以降に増備された転換クロスシート車です。新形式を与えられましたが1984年からはロングシートに改造されたため、3730系と実質的にその差はなくなっています。


名古屋鉄道 瀬戸線 HL車 3780系 3781F② ク2780形 2781

名古屋鉄道 瀬戸線 HL車 3780系 3781F② ク2780形 2781

3780系は1966年に登場した名鉄HL車の最終増備車で、外観も大きく異なります。
しかしなんと言っても最大の特徴は、HL車としては初めて冷房装置を搭載したことです。
瀬戸線では初の冷房車として主に急行運用で用いられました。


名古屋鉄道 瀬戸線 HL車 3780系 3782F① モ3780形 3782 

名古屋鉄道 瀬戸線 HL車 3780系 3782F① モ3780形 3782 

3780系は1966年に登場した名鉄HL車の最終増備車で、外観も大きく異なります。
しかしなんと言っても最大の特徴は、HL車としては初めて冷房装置を搭載したことです。
瀬戸線では初の冷房車として主に急行運用で用いられました。


名古屋鉄道 瀬戸線 HL車 3780系 3783F① モ3780形 3783 

名古屋鉄道 瀬戸線 HL車 3780系 3783F① モ3780形 3783 

3780系は1966年に登場した名鉄HL車の最終増備車で、外観も大きく異なります。
しかしなんと言っても最大の特徴は、HL車としては初めて冷房装置を搭載したことです。
瀬戸線では初の冷房車として主に急行運用で用いられました。


名古屋鉄道 瀬戸線 HL車 3780系 3783F② ク2780形 2783

名古屋鉄道 瀬戸線 HL車 3780系 3783F② ク2780形 2783

3780系は1966年に登場した名鉄HL車の最終増備車で、外観も大きく異なります。
しかしなんと言っても最大の特徴は、HL車としては初めて冷房装置を搭載したことです。
瀬戸線では初の冷房車として主に急行運用で用いられました。


名古屋鉄道 瀬戸線 HL車 3780系 3786F② ク2780形 2786_

名古屋鉄道 瀬戸線 HL車 3780系 3786F② ク2780形 2786_

3780系は1966年に登場した名鉄HL車の最終増備車で、外観も大きく異なります。
しかしなんと言っても最大の特徴は、HL車としては初めて冷房装置を搭載したことです。
瀬戸線では初の冷房車として主に急行運用で用いられました。


名古屋鉄道 瀬戸線 HL車 3780系 3787F① モ3780形 3787 

名古屋鉄道 瀬戸線 HL車 3780系 3787F① モ3780形 3787 

3780系は1966年に登場した名鉄HL車の最終増備車で、外観も大きく異なります。
しかしなんと言っても最大の特徴は、HL車としては初めて冷房装置を搭載したことです。
瀬戸線では初の冷房車として主に急行運用で用いられました。


名古屋鉄道 瀬戸線 HL車 3780系 3788F② ク2780形 2788

名古屋鉄道 瀬戸線 HL車 3780系 3788F② ク2780形 2788

3780系は1966年に登場した名鉄HL車の最終増備車で、外観も大きく異なります。
しかしなんと言っても最大の特徴は、HL車としては初めて冷房装置を搭載したことです。
瀬戸線では初の冷房車として主に急行運用で用いられました。


*名古屋鉄道 瀬戸線 ク2320形 2323

*名古屋鉄道 瀬戸線 ク2320形 2323


*名古屋鉄道 瀬戸線 モ900形 902

*名古屋鉄道 瀬戸線 モ900形 902