js3vxw-02.cocolog-nifty.com > T2 名古屋鉄道 モ570形 モ580形 モ590形 (岐阜市内線/美濃町線用)

名鉄が岐阜市内線用に新製した都電6000形タイプの低床ボギー車です。 1950年~に570形が、1955年~580形が、1957年~590形が導入されています。すべて直接制御のツリカケ駆動車ですが、580形と出力をUPした590形は美濃町線用に転用されました。

名古屋鉄道 岐阜市内線用 モ570形 571

名古屋鉄道 岐阜市内線用 モ570形 571

名鉄570形は1950年にモ571~73が帝國車輛で 1953年にモ574が、1954年にモ575が日車で新製されました。都電6000形タイプの低床ボギー車です。
制御方式は直接制御、台車はブリル27-E系とオーソドックスな構成です。


名古屋鉄道 岐阜市内線用 モ570形 572

名古屋鉄道 岐阜市内線用 モ570形 572

モ570  571.2  1950年 帝国車両製
岐阜市内線専用車 都電6000形と同型
12.300:2.236:4.000  16.15 t   80名 32席
台車: KS-40J 住金  モーター MT-60A  37.3kw ×2
制御装置 KR-8    ブレーキ SM-3.電気 クーラーなし
参考文献 rp688 2000.3


名古屋鉄道 岐阜市内線用 モ570形 573

名古屋鉄道 岐阜市内線用 モ570形 573

モ570  574.5   1953年 日本車両製
岐阜市内線専用車 都電6000形と同型
12.300:2.236:4.000  16.15 t   80名 32席
台車:低床式 帝国 モーター MT-60A  37.3kw ×2
制御装置 DR BC447 日立 ブレーキ SM-3.電気 クーラーなし
参考文献 rp688 2000.3


名古屋鉄道 岐阜市内線用 モ570形 574

名古屋鉄道 岐阜市内線用 モ570形 574

モ570  574.5   1953年 日本車両製
岐阜市内線専用車 都電6000形と同型
12.300:2.236:4.000  16.15 t   80名 32席
台車:低床式 帝国 モーター MT-60A  37.3kw ×2
制御装置 DR BC447 日立 ブレーキ SM-3.電気 クーラーなし
参考文献 rp688 2000.3


名古屋鉄道 岐阜市内線用 モ570形 575

名古屋鉄道 岐阜市内線用 モ570形 575

モ570  574.5   1953年 日本車両製
岐阜市内線専用車 都電6000形と同型
12.300:2.236:4.000  16.15 t   80名 32席
台車:低床式 帝国 モーター MT-60A  37.3kw ×2
制御装置 DR BC447 日立 ブレーキ SM-3.電気 クーラーなし
参考文献 rp688 2000.3


名古屋鉄道 美濃町線用 モ580形 581

名古屋鉄道 美濃町線用 モ580形 581

名鉄モ580形は1955~57年に日車で製造されました。(581~84)
モ570形との違いは、中央扉を設置し3扉車としたことです。
主要機器はモ570形を踏襲しています。当初ビューゲルでしたが、Zパンタに換装されています。(モ584のみパンタグラフ、台車もNS-9)モ581~83は岐阜市内線で、モ584は美濃町線でそれぞれ運用されましたが、北鉄金沢市内線からの車両導入に伴い、1968年以降は全車美濃町線で運用されています。また札幌市交通局の連接車モ870形の入線に伴い、モ584が1976年豊橋鉄道へ譲渡されました。(モ3200形3201)1980年には、複電圧車モ880形の新製に伴い全車廃車となりました。豊橋鉄道ではさらにモ581・582を譲り受け、モ3202・3203となりました。


名古屋鉄道 美濃町線用 モ590形 591

名古屋鉄道 美濃町線用 モ590形 591

名鉄590形は1957年に岐阜市内線用として日車でモ591~95の5両が製造されました。
モ580形との外見的な違いは584で試用されたパンタグラフを採用したことですが、主電動機の出力も45kWに強化されています。
そのパワーを活かすべく市内線から美濃町線用となりましたが、その際歯車比を変更しています。


名古屋鉄道 美濃町線用 モ590形 592

名古屋鉄道 美濃町線用 モ590形 592

モ590  593   1957年 日本車両製
もと市内線用、高速化し美濃町線用に、
12.300:2.225:3.690  16.2 t  80 名 28 席
台車 FS-78A 住友金属 モーター TDK-535-1A 45 kw × 2
制御装置 DB1-LCK 東洋 ブレーキ SM-3.電気 クーラーなし
参考文献 rp688 2000.3


名古屋鉄道 美濃町線用 モ590形 593 復活塗装

名古屋鉄道 美濃町線用 モ590形 593 復活塗装

モ590  593   1957年 日本車両製
もと市内線用、高速化し美濃町線用に、
12.300:2.225:3.690  16.2 t  80 名 28 席
台車 FS-78A 住友金属 モーター TDK-535-1A 45 kw × 2
制御装置 DB1-LCK 東洋 ブレーキ SM-3.電気 クーラーなし
参考文献 rp688 2000.3


名古屋鉄道 美濃町線用 モ590形冷房改造車  591

名古屋鉄道 美濃町線用 モ590形冷房改造車  591

美濃町線用に転用後、1983年にワンマン改造が行われ、主に美濃~新関間で使用されました。
同区間が廃止された後、モ591,592は冷房改造され、主に徹明町~日野橋間で活躍しました。
岐阜600V区間全廃時まで生き残ったモ591,592についてはは土佐電氣鐵道へ移籍、モ593は旧美濃駅に静態保存されています。


名古屋鉄道 美濃町線用 モ590形冷房改造車  592

名古屋鉄道 美濃町線用 モ590形冷房改造車  592

モ590改 591.2   1957年 日本車両製
もと市内線用、高速化し美濃町線用に、冷房化は2000年
12.300:2.225:3.690   17.0 t   80 名 28 席
台車 FS-78A 住友金属 モーター TDK-535-1A 45 kw × 2
制御装置 DB1-LCK 東洋 ブレーキ SM-3.電気 クーラー CU77E
参考文献 rp688 2000.3