*名古屋鉄道 モ510形 512 岐阜市内線-揖斐線谷汲線直通用

撮影場所:揖斐

名古屋鉄道モ510形は、1926(T15) 年に美濃電気軌道のセミボ510形(511-515)として登場しました。
1923(T12)年に登場したモ520形(もとDB505形(505-510))混同しがちですが、こちらの方が後輩になります。
美濃電が名岐鉄道へ吸収合併された際にモ510形と改称されました。
主要機器はE.E.社製のデッカーシステムで、制御方式は直接制御。主電動機はDK60型(44.8kW×2)を搭載します。台車は日車製27MCB-1です。
1967年から市内線へ直通運転を開始し、モ510形と組んで揖斐線への直通急行として活躍しました。その際、制御方式を間接非自動式に変更、モ520をTc扱いするためモータを2個から4個に増設しました。
2000年10月に全廃されました。