熊本市交通局(熊本市電) 1060形 1062 旧塗装

撮影場所:交通局

1951年に製造された半鋼製車で当初は160形と称していました。
1950年に製造された150形と、外観・寸法・性能は同一で、いずれも広瀬車輌製です。
当初は3扉車で他の旧型車(1080・1090・1200・1350型)より800㎜長く、全長が12,800㎜となっています。
160形は1969年にワンマン化され、1060形1061~1063に改番されました。
後部扉が埋められましたが、窓のHゴム支持でそれとわかります。
モータは東洋電機製の38kW×2、台車は住金製のKS-40Jとなっています。
1061.1062は冷房化されることもなく1988年までに廃車となりました。
1063だけが冷房化されました。