js3vxw-02.cocolog-nifty.com > P3 近畿日本鉄道 内部八王子線 その2 1992年~ 260系 近鉄ナロー色

内部・八王子線は、北勢線と同様、特殊狭軌線(軌間762mmと)であるがゆえに、旧型車が長年にわたって使用されてきました。しかしこれらの旧型車は直接制御なので、折り返し時には機回しをする必要があり、非効率的で問題となっていました。そこで、間接制御で総括制御できる新造車が投入されることになりました。これが260系です。一足先に(1977年)北勢線に投入された270系を基本とする15m車ですが、スクエアな車体でロングシートであった270系とはちがって、固定クロスシート車となっており、傾斜した全面窓をもつスマートな車体となりました。モ260形(261 - 265)とク160形(161 - 163)、の合計8両が、近畿車輛で1982~1983年に製造されました。 260系を新造した近鉄ですが、在来車の完全に淘汰したわけではありません。三重交通時代に新造された比較的経年の浅い車両も極力流用され、1949年製のモニ220形については電装解除してサ120形へ改造しました。 1954年製のサ130形(旧三重交通サ360形)については、 260系タイプの運転台を取り付けク110形に改造しました。 (そのまま更新工事を実施してサ120形に改造されたものもあり)

*近畿日本鉄道 内部八王子線 260系

*近畿日本鉄道 内部八王子線 260系


近畿日本鉄道 内部八王子線用 260系 261F① モ260形 261

近畿日本鉄道 内部八王子線用 260系 261F① モ260形 261

近畿日本鉄道 260系261F 3両編成 編成表
←四日市①     内部→
261-121-161   Mc-T-Tc


近畿日本鉄道 内部八王子線用 260系 261F② サ120形 121 モニ220形改造車

近畿日本鉄道 内部八王子線用 260系 261F② サ120形 121 モニ220形改造車

サ120形(1982.83年改造)121~123:モニ220形(227~229)から改造車

元来、モニ220形は北勢線が北勢鉄道であった時代(1931年)に作られたもとモハニ50形で、三重交通となったとき(1944年)にモニ220形と改称されます。三交は、1949年にモニ220形を増備(227~229)。三重線には228.229が配置されました。その後近鉄傘下となり、1977年には北勢線近代化で余剰となった227が内部・八王子線に転籍、戦後製の3両が揃いました。ここへ新型の260系が入線。227~229が、サ120形(121 -123)へと改造されたというわけです。


近畿日本鉄道 内部八王子線用 260系 261F③ ク160形 161

近畿日本鉄道 内部八王子線用 260系 261F③ ク160形 161

近畿日本鉄道 260系261F 3両編成 編成表
←四日市①     内部→
261-121-161   Mc-T-Tc


近畿日本鉄道 内部八王子線用 260系 262F① モ260形 262

近畿日本鉄道 内部八王子線用 260系 262F① モ260形 262

近畿日本鉄道 260系262F 3両編成 編成表
←四日市①     内部→
262-122-162   Mc-T-Tc


近畿日本鉄道 内部八王子線用 260系 262F② サ120形 122 モニ220形改造車

近畿日本鉄道 内部八王子線用 260系 262F② サ120形 122 モニ220形改造車

サ120形(1982.83年改造)121~123:モニ220形(227~229)からの改造車

元来、モニ220形は北勢線が北勢鉄道であった時代(1931年)に作られたもとモハニ50形で、三重交通となったとき(1944年)にモニ220形と改称されます。三交は、1949年にモニ220形を増備(227~229)。三重線には228.229が配置されました。その後近鉄傘下となり、1977年には北勢線近代化で余剰となった227が内部・八王子線に転籍、戦後製の3両が揃いました。ここへ新型の260系が入線。227~229が、サ120形(121 -123)へと改造されたというわけです。


近畿日本鉄道 内部八王子線用 260系 262F③ ク160形 162

近畿日本鉄道 内部八王子線用 260系 262F③ ク160形 162

近畿日本鉄道 260系262F 3両編成 編成表
←四日市①     内部→
262-122-162   Mc-T-Tc


近畿日本鉄道 内部八王子線用 260系 263F① モ260形 263

近畿日本鉄道 内部八王子線用 260系 263F① モ260形 263

近畿日本鉄道 260系263F 3両編成 編成表
←四日市①     内部→
263-123-163   Mc-T-Tc


近畿日本鉄道 内部八王子線用 260系 263F② サ120形 123 モニ220形改造車

近畿日本鉄道 内部八王子線用 260系 263F② サ120形 123 モニ220形改造車

サ120形(1982.83年改造)121~123:モニ220形(227~229)から改造車

元来、モニ220形は北勢線が北勢鉄道であった時代(1931年)に作られたもとモハニ50形で、三重交通となったとき(1944年)にモニ220形と改称されます。三交は、1949年にモニ220形を増備(227~229)。三重線には228.229が配置されました。その後近鉄傘下となり、1977年には北勢線近代化で余剰となった227が内部・八王子線に転籍、戦後製の3両が揃いました。ここへ新型の260系が入線。227~229が、サ120形(121 -123)へと改造されたというわけです。


近畿日本鉄道 内部八王子線用 260系 263F③ ク160形 163

近畿日本鉄道 内部八王子線用 260系 263F③ ク160形 163

近畿日本鉄道 260系263F 3両編成 編成表
←四日市①     内部→
263-123-163   Mc-T-Tc


近畿日本鉄道 内部八王子線用 260系 264F① モ260形 264

近畿日本鉄道 内部八王子線用 260系 264F① モ260形 264

近畿日本鉄道 260系264F 3両編成 編成表
←四日市①     内部→
264-124-114   Mc-T-Tc  


近畿日本鉄道 内部八王子線用 260系 264F② サ120形 124 サ130形からの改造車

近畿日本鉄道 内部八王子線用 260系 264F② サ120形 124 サ130形からの改造車

サ120形(1982.83年改造)124:サ124のみサ130形132から編入改造(他はモニ220形(227~229)からの改造。)
サ130形は、もと三重交通サ360形(1954年製)。近鉄編入後にサ130形へ改番(1965年)

近畿日本鉄道 260系264F 3両編成 編成表
←四日市①     内部→
264-124-114   Mc-T-Tc


近畿日本鉄道 内部八王子線用 260系 264F③ ク110形 114 サ130形改造車

近畿日本鉄道 内部八王子線用 260系 264F③ ク110形 114 サ130形改造車

ク110形(1982.83年改造)もと三重交通サ360形(1954年製)→近鉄サ130形(1965年改番)→ク110形 :サ131・133→ク114・115
260系に準じた構造の運転台ユニットを取り付けた制御車。台車は新製のKD-219Eに交換されています。内装も260系に準じたものになりました。旧型車の名残は側面窓がバス窓のまま残されているぐらいです。
111~113が存在しないのは下一桁をク160形の続番としたためです。

近畿日本鉄道 260系264F 3両編成 編成表
←四日市①     内部→
264-124-114   Mc-T-Tc


近畿日本鉄道 内部八王子線用 260系 265F① モ260形 265

近畿日本鉄道 内部八王子線用 260系 265F① モ260形 265

近畿日本鉄道 260系265F 2両編成 編成表
←四日市①     内部→
265-115   Mc-Tc


近畿日本鉄道 内部八王子線用 260系 265F② ク110形 115 サ130形改造車

近畿日本鉄道 内部八王子線用 260系 265F② ク110形 115 サ130形改造車

ク110形(1982.83年改造)もと三重交通サ360形(1954年製)→近鉄サ130形(1965年改番)→ク110形 :サ131・133→ク114・115
260系に準じた構造の運転台ユニットを取り付けた制御車。台車は新製のKD-219Eに交換されています。内装も260系に準じたものになりました。旧型車の名残は側面窓がバス窓のまま残されているぐらいです。
111~113が存在しないのは下一桁をク160形の続番としたためです。

近畿日本鉄道 260系265F 2両編成 編成表
←四日市①     内部→
265-115   Mc-Tc