js3vxw-02.cocolog-nifty.com > P3 近畿日本鉄道 伊賀線 その2 1977~1985年 5000系 モ5000形 ク5100形

近畿日本鉄道5000系は、1977年 伊賀線用に、名古屋線のモ6311・モ6331形を狭軌化し、 5000系(モ5000(5001 - 5007)/ク5100 (5101 -5104))としてまとめられたものです。 モ6311形・モ6331形とも当初は名古屋線の急行用で両運クロスシート車でしたが、 全車ロングシート化の上で伊賀線へ転入しています。 モ5000のうち01 - 06はモ6311形の6311 - 16を改造したもので 両運転台車のままですが、 5007だけはモ6331形6339からの改造で片運転台車となっています。 ク5100はモ6331(6331・32・35・37)を電装解除したもので、全車片運転台です。

近畿日本鉄道 伊賀線 5000系 1

近畿日本鉄道 伊賀線 5000系 1

5000系の種車となる
モ6311は関西急行鉄道が1942年に製造した5両と、
近畿日本鉄道と改変されたのちの1944年に増備した5両でともに帝國車輛製。

モ6331形は近畿日本鉄道と改変された後の1948年に製造したもので
6339は日本車輌製 6331・6332・6335・6337は近畿車輛製

モ6311形・モ6331形とも当初は名古屋線の急行用でクロスシート車でした。


近畿日本鉄道 伊賀線 5000系 2

近畿日本鉄道 伊賀線 5000系 2

モ5000形は全長17800mm、全幅2740mm、全高4100mm、
ク5100形は全長17800mm、全幅2740mm、全高4020mm、
このように小振りになっているのは、モ6311.6331形が登場した当時.。
まだ四日市周辺に厳しいカーブがあったからです。
なお両運転台車の定員は125人、片運転台車の定員は135人です。


近畿日本鉄道 伊賀線 5000系 モ5000形 5004

近畿日本鉄道 伊賀線 5000系 モ5000形 5004

モ5001 - 06←モ6311 -16
台車を日本車輌製造D16C・D18(モ5006のみ)へ、
主電動機をTDK-528-C(104kw×4)へ、それぞれ交換。
モ5004・モ5006は制御器も日立製作所MMC電動カム軸式制御器へ交換。


近畿日本鉄道 伊賀線 5000系 モ5000形 5005

近畿日本鉄道 伊賀線 5000系 モ5000形 5005

モ5001 - 06←モ6311 -16
台車を日本車輌製造D16C・D18(モ5006のみ)へ、
主電動機をTDK-528-C(104kw×4)へ、それぞれ交換。


近畿日本鉄道 伊賀線 5000系 モ5000形 5007

近畿日本鉄道 伊賀線 5000系 モ5000形 5007

モ5007 ←モ6339 (モ5000の中では、唯一のモ6331形改造車。)
台車をD18へ、主電動機を東洋電機製造製(75kW×4)に交換。
名古屋線時代1965年~に片運転台改造工事施工済み。


近畿日本鉄道 *伊賀線 5000系 ク5100形 5102

近畿日本鉄道 *伊賀線 5000系 ク5100形 5102

ク5101 -04←モ6331・32・34・35・37
台車をKD-32Dのまま電装解除し、改軌。
名古屋線時代1965年~に全車片運転台改造工事施工済み。


近畿日本鉄道 *伊賀線 5000系 ク5100形 5104

近畿日本鉄道 *伊賀線 5000系 ク5100形 5104

ク5101 -04←モ6331・32・34・35・37
台車をKD-32Dのまま電装解除し、改軌。
名古屋線時代1965年~に全車片運転台改造工事施工済み。