js3vxw-02.cocolog-nifty.com > P3 近畿日本鉄道 奈良線系 900系 抵抗制御車

近鉄900系は1961年製。奈良線初の大型車です。裾を絞った車体と足回り(145kw(1500V時)モータ+日立製VMC)は8000系をはじめとする奈良線車両に引き継がれました。 900系は当初、M車単独でも走行が可能でcM+Tc+Mcの3連でデビューしました。1963年にはTcを追加、合計24両。すべてMc+Tcの2連になりました。昇圧時にはMG、CPなどの機器を分散させMTユニットとしました。もはや8000系とほぼ変わるところはありません。 車体更新と冷房化は1988~89年に行われました。 廃車は2001年より進められ、2002年8月に系列消滅となっています。

近畿日本鉄道 *900系 900形(奇数車) 903 旧塗装

近畿日本鉄道 *900系 900形(奇数車) 903 旧塗装

900系はcM+Tc+Mcの3連でデビューしたため、←難波側、奈良側→、双方にMcが存在します。
このため増備されたcT(957~62)は難波寄りに運転台を持ちます。
このように モ900形は偶数(cM)と奇数(Mc)とで向きが異なりますが、
なお奈良線系車両において、奈良側に運転台を持つMcが存在するのは900系だけということになります。


近畿日本鉄道 900系 900形(偶数車) 906 新塗装

近畿日本鉄道 900系 900形(偶数車) 906 新塗装

近畿日本鉄道 奈良線系用 900系 2両編成  編成表
←難波②   奈良①→
モ900(偶数)+ク951~56  Mc-Tc
ク957~62+-モ900(奇数)  Tc-Mc
参考;私鉄車両編成表88年版 撮影


近畿日本鉄道 900系 900形(偶数車) 912 新塗装

近畿日本鉄道 900系 900形(偶数車) 912 新塗装

近畿日本鉄道 奈良線系用 900系 2両編成  編成表
←難波②   奈良①→
モ900(偶数)+ク951~56  Mc-Tc
ク957~62+-モ900(奇数) Tc-Mc
参考;私鉄車両編成表88年版 撮影


近畿日本鉄道 900系 900形(奇数車) 905 新塗装

近畿日本鉄道 900系 900形(奇数車) 905 新塗装

近畿日本鉄道 奈良線系用 900系 2両編成  編成表
←難波②   奈良①→
モ900(偶数)+ク951~56  Mc-Tc
ク957~62+-モ900(奇数)  Tc-Mc
参考;私鉄車両編成表88年版 撮影


近畿日本鉄道 900系 950形(増備車) 959 新塗装

近畿日本鉄道 900系 950形(増備車) 959 新塗装

900系はcM+Tc+Mcの3連でデビューしたため、
←難波側、奈良側→、双方にMcが存在します。
このため増備されたcT(957~62)は難波寄りに運転台を持ちます。


近畿日本鉄道 900系冷房改造車 900形(偶数車) 910 

近畿日本鉄道 900系冷房改造車 900形(偶数車) 910 

当初、Mc車は単独走行が可能でしたが、
昇圧時にはMG、CPなどの機器を分散させMTユニットとしました。
もはや8000系とほぼ変わるところはありません。
車体更新と冷房化は1988~89年に行われました。


近畿日本鉄道 900系冷房改造車 950形(増備車) 962 

近畿日本鉄道 900系冷房改造車 950形(増備車) 962 

近畿日本鉄道 奈良線系用 900系 2両編成  編成表
←難波②   奈良①→
モ900(偶数)+ク951~56  Mc-Tc
ク957~62+-モ900(奇数)  Tc-Mc
参考;私鉄車両編成表88年版 撮影