近畿日本鉄道 2400系 2401F① モ2400形 2401 旧塗装(行き先表示板付き)

撮影場所:鶴橋

2400系は1966年に登場した大阪線用の新性能車です。
大出力モータ(MB-3110-A:155kW)とHSC-D(発電制動・抑速制動付き)ブレーキにより、MT編成でも山越えができるようになりました。1480系を万能の2連に変更した系列ともいえるでしょう。 (33‰の上り勾配でかつ架線電圧が10%減じても均衡速度86km/hを確保)2連×6=12両が製造されました。
1984~85年にかけて冷房改造+車体更新がなされました。