近畿日本鉄道 特急車 18200系 モ18200形

撮影場所:八木西口

18200系は、18000系の後を受け京都線・橿原線用特急として1966年デビューしました。
当時、京都線、橿原線は車両限界が大阪線などに比べて小さいため、車体は小ぶりです。
また同年に運行開始した京都~ 宇治山田間の特急用車両とするため、複電圧車となっています。(京都線、橿原線は600 V/大阪線は1,500 V)
モ18200 (Mc) - ク18300 (Tc) の2両固定編成で 5編成10両が製造されました。
1989年、団体専用車「あおぞらⅡ」として4連×2、2連×1に改造されました。
塗色を改め、客室も全面的に改良されました。2006年に全車廃車。