js3vxw-02.cocolog-nifty.com > P3 近畿日本鉄道 大阪線系 1470系 モ1470形 ク1590形 ク2590形

近鉄1470系は大阪線初の量産型高性能車である1460系(両開き3扉)の改良型です。 1959年に登場しました。足回りは1460系に準じながらも車体は両開き4扉となり、前照灯もシールドビーム二灯式となり6800系(初期形)のものよりその間隔が拡大されました。すなわち近鉄通勤車(丸形)のスタイルを確立した車両と申せましょう。 cM+Mcの2連×5編成=10両が製造されました。 なお形式はともにモ1470形。上本町側は奇数、国分側は偶数の車番が割り当てられています。 1974年には奇数車の運転台が撤去されM車に改造されました 以後、上本町側にTc(ク1590形・ク2590形など)を連結して運用されることになります。 もともとオールMで使用することもあってモータの出力(75kw)は低く、T車を組み込んでからは専ら河内国分以西の運用となりました。運用上の制約があることから短命で、1984年から廃車が始まり、1987年には系列消滅しました。 そんなわけで2色塗り車は在籍しません。

*近畿日本鉄道 1470系 1480F① モ1480形(偶数車) 1480

*近畿日本鉄道 1470系 1480F① モ1480形(偶数車) 1480

近畿日本鉄道 1470系 2連 大阪線用 編成表
       ←上本町③   ①→
(ク1590形etc)+モ1471(奇数)モ1472(偶数)  (Tc)-M-Mc
1472~80F 2連×5=10両 
参考;私鉄車両編成表83年版 


*近畿日本鉄道 1470系 1480F② モ1470形(奇数車) 1479

*近畿日本鉄道 1470系 1480F② モ1470形(奇数車) 1479

近畿日本鉄道 1470系 2連 大阪線用 編成表
       ←上本町③   ①→
(ク1590形etc)+モ1471(奇数)モ1472(偶数)  (Tc)-M-Mc
1472~80F 2連×5=10両 
参考;私鉄車両編成表83年版 


*近畿日本鉄道 1470系 1480F③ ク1590形 1592

*近畿日本鉄道 1470系 1480F③ ク1590形 1592

近畿日本鉄道 1470系 2連 大阪線用 編成表
       ←上本町③   ①→
(ク1590形etc)+モ1471(奇数)モ1472(偶数)  (Tc)-M-Mc
1472~80F 2連×5=10両 
参考;私鉄車両編成表83年版 


近畿日本鉄道 1470系  ク1590形 1593

近畿日本鉄道 1470系 ク1590形 1593

近畿日本鉄道 1470系 2連 大阪線用 編成表
       ←上本町③   ①→
(ク1590形etc)+モ1471(奇数)モ1472(偶数)  (Tc)-M-Mc
1472~80F 2連×5=10両 
参考;私鉄車両編成表83年版 


近畿日本鉄道 1470系  ク1590形 1594

近畿日本鉄道 1470系 ク1590形 1594

近畿日本鉄道 1470系 2連 大阪線用 編成表
       ←上本町③   ①→
(ク1590形etc)+モ1471(奇数)モ1472(偶数)  (Tc)-M-Mc
1472~80F 2連×5=10両 
参考;私鉄車両編成表83年版 


近畿日本鉄道 1470系 1472F① モ1470形(偶数車) 1472

近畿日本鉄道 1470系 1472F① モ1470形(偶数車) 1472

近畿日本鉄道 1470系 2連 大阪線用 編成表
       ←上本町③   ①→
(ク1590形etc)+モ1471(奇数)モ1472(偶数)  (Tc)-M-Mc
1472~80F 2連×5=10両 
参考;私鉄車両編成表83年版 


近畿日本鉄道 1470系 1472F① モ1470形(偶数車) 1474

近畿日本鉄道 1470系 1472F① モ1470形(偶数車) 1474

近畿日本鉄道 1470系 2連 大阪線用 編成表
       ←上本町③   ①→
(ク1590形etc)+モ1471(奇数)モ1472(偶数)  (Tc)-M-Mc
1472~80F 2連×5=10両 
参考;私鉄車両編成表83年版 


*近畿日本鉄道 2400系 ク2590形 2591

*近畿日本鉄道 2400系 ク2590形 2591

近畿日本鉄道 1470系 2連 大阪線用 編成表
       ←上本町③   ①→
(ク1590形etc)+モ1471(奇数)モ1472(偶数)  (Tc)-M-Mc
1472~80F 2連×5=10両 
参考;私鉄車両編成表83年版