js3vxw-02.cocolog-nifty.com > P1 京成電鉄 旧3000系 3050形 55F 

京成3050形は、3000形に続く都営地下鉄浅草線への乗り入れ車両として1959年に、登場しました。(2連×13本=26両) 京成電鉄は、都営浅草線への相互乗り入れにあわせ改軌(1,372mm → 1,435mm)しましたが、3050形は3000形とは違って始めから1,435mmの台車で登場しました。 3067 - 3076は住金製FS329台車・WNカルダン駆動・三菱製MB-3028Eモーター、 その他は、汽車製KS116台車・TDカルダン駆動・東洋電機製TDK810/4Dモーターで、3000形と同様、2パターンあります。 更新が開始されたのは1976年(3051 - 3052)からで、 4連固定としたパターンも1980年以降、ツートンカラーからファィアーオレンジにモーンアイボリーの帯を巻いた新赤電塗装でお色直ししたのも、3000形と同じです。 大きな違いとなるのは1990年からです。 3050形では、冷房装置を搭載し、あわせて種別・行先表示器も設置しました。 さて冷房化の対象から外れた3075・3076が、まず廃車(1991年)になるのはわかるのですが、 1993年には3051F・3063Fが早くも廃車されてしまうのです。 1994年には3071Fが、1995年には、3067Fが、千葉急行電鉄にリースされましたが、 これらも1996年には返却され廃車解体されました。 せっかく冷房化したのに、3年から6年で廃止されてしまったと言うことになります。

近畿日本鉄道 奈良線系 820系 722F① ク720形 722 生駒線、田原本線用

近畿日本鉄道 奈良線系 820系 722F① ク720形 722 生駒線、田原本線用

近畿日本鉄道 奈良線系用 820系 2両編成  編成表
←生駒、新王寺、難波②   王寺、西田原本、奈良①→
モ820-ク720  Mc-Tc 下2桁を揃えている
722F 822-722
参考;私鉄電車編成表88年版 撮影


京成電鉄 旧3000系 3050形4連_3055F① 3055 M2

京成電鉄 旧3000系 3050形4連_3055F① 3055 M2

京成電鉄 旧3000系3050形4連_3055F 
←成田空港    京成上野→
3055-3056-3057-3058 形式は全てモハ3050形 
M2-M1'-M2'-M1
参考 私鉄車両編成表90年版   撮影 1991.5


京成電鉄 旧3000系 3050形4連_3055F② 3056 M1’

京成電鉄 旧3000系 3050形4連_3055F② 3056 M1’

京成電鉄 旧3000系3050形4連_3055F 
←成田空港    京成上野→
3055-3056-3057-3058 形式は全てモハ3050形 
M2-M1'-M2'-M1
参考 私鉄車両編成表90年版   撮影 1991.5


京成電鉄 旧3000系 3050形4連_3055F③ 3057 M2’

京成電鉄 旧3000系 3050形4連_3055F③ 3057 M2’

京成電鉄 旧3000系3050形4連_3055F 
←成田空港    京成上野→
3055-3056-3057-3058 形式は全てモハ3050形 
M2-M1'-M2'-M1
参考 私鉄車両編成表90年版   撮影 1991.5


京成電鉄 旧3000系 3050形4連_3055F④ 3058 M1

京成電鉄 旧3000系 3050形4連_3055F④ 3058 M1

京成電鉄 旧3000系3050形4連_3055F 
←成田空港    京成上野→
3055-3056-3057-3058 形式は全てモハ3050形 
M2-M1'-M2'-M1
参考 私鉄車両編成表90年版   撮影 1991.5


京成電鉄 旧3000系 3050形6連_3071F⑥ 3074 M1 非冷房時代

京成電鉄 旧3000系 3050形6連_3071F⑥ 3074 M1 非冷房時代

京成電鉄 旧3000系3050形6連_3071F 
←成田空港    京成上野→
3071-3072 -3013-3014 -3073-3074 中央の2両はモハ3000形改 
M2-M1'-M2'-M1'-M2'-M1
参考 私鉄車両編成表88年版   撮影 1989.9 ?