js3vxw-02.cocolog-nifty.com > P3 京阪電気鉄道  600形 700形 1800形本線用更新車

京阪電気鉄道600形更新車は、 1957年製の1650形を基本とした18m級の全金属製3扉車体と旧型車の主要機器(旧600形、700形)と組み合わせ更新車です。1961~65年にかけて製造されました。 600形Mc:601 - 606, 611 - 626 (すべてナニワ工機製車体) 680形M:681 - 685(うち684 .685は川車製車体) 650形T:651 - 664(うち660 - 664は川車製車体)さらに1964年には前述1650形を電装、 630形M:631- 640として統合されています。 京阪線の1,500V昇圧に際し、1800系(初代)の主要機器と630形の車体を組み合わせ一部が1800系(2代)へ改造されましたが、残りは、1983年12月の昇圧時に全車廃車となりました。

京阪電気鉄道 600形本線用更新車 613

京阪電気鉄道 600形本線用更新車 613


京阪電気鉄道 600形本線用更新車 615

京阪電気鉄道 600形本線用更新車 615


京阪電気鉄道 600形本線用更新車 618

京阪電気鉄道 600形本線用更新車 618


京阪電気鉄道 600形本線用更新車 622

京阪電気鉄道 600形本線用更新車 622


京阪電気鉄道 600系更新車 680形中間電動車 690 もと700形更新車

京阪電気鉄道 600系更新車 680形中間電動車 690 もと700形更新車

1978年 700系(2代)の1000系(3代)への改造に際して、改造対象から外れた780形781・799を680形(690・691)として編入したもの


京阪電気鉄道 630形本線用更新車 635

京阪電気鉄道 630形本線用更新車 635


京阪電気鉄道 630形本線用更新車 636

京阪電気鉄道 630形本線用更新車 636


京阪電気鉄道 700形更新車 709

京阪電気鉄道 700形更新車 709

700形は、1000形、1100形(ともに2代目)の主要機器を流用し、車体を新製する形で誕生した更新車です。1967~70年にかけて44両が製造されました。
また700形については、1977~78年にかけて新たに1000系(3代)として再デビューしています。これは車体を流用して主要機器を取り替え1500V昇圧に対応、あわせて冷房化することにしたものです。改造は編成単位で運用されていた7連×6=42両が対象となりました。


京阪電気鉄道 1800形更新車 1805

京阪電気鉄道 1800形更新車 1805

1800系Ⅱは京阪線の1,500V昇圧に際し、1800系(初代)の主要機器と630形の車体を組み合わせて改造されました。