js3vxw-02.cocolog-nifty.com > JR西日本 キハ189系 特急「はまかぜ」

キハ189系は、特急「はまかぜ」で使用されていたキハ181形気動車の置き換え用として、2010年に投入されました。基本編成は3両。2編成併結で運行されることもありますが、1両単位の増減も可能です。 車体はステンレス製で、先頭部のみ鋼製となっています。 エンジンはキハ122・127系と同じSA6D140HE-(450ps/2100rpm)を2基装備します。 台車は電車で多用される軸梁式ボルスタレス台車WDT66を採用。急カーブの存在する路線を通過することからヨーダンパとアンチローリング装置を装備するとともにフランジ塗油装置も装備しています。しかし振り子装置は搭載されませんでした。 キハ181形やキハ40系といった在来の気動車に性能を合わせることが出来る性能選択スイッチも装備しており、キハ187系よりも電車に近づいた機能的な車両となっています。 営業最高速度は130km/h、電車並の加速性能をもち、223系、225系新快速に伍して走行することが可能です。

JR西日本 キハ189系 特急「はまかぜ2号」6両編成

JR西日本 キハ189系 特急「はまかぜ2号」6両編成

JR西日本 189系 3両編成、特急はまかぜ用
←大阪、浜坂③       姫路①→
キハ189_1--キハ188_1-キハ189_1001
2010年 新潟トランシス製 ③連×7=21両
参照:JR気動車客車編成表2011年版 撮影2011.3.31


JR西日本 キハ189系 特急「はまかぜ2号」① キハ189形1000番台 キハ189-1005 1000番台はトイレなし

JR西日本 キハ189系 特急「はまかぜ2号」① キハ189形1000番台 キハ189-1005 1000番台はトイレなし

JR西日本 189系 3両編成、特急はまかぜ用
←大阪、浜坂③       姫路①→
キハ189_1--キハ188_1-キハ189_1001
2010年 新潟トランシス製 ③連×7=21両
参照:JR気動車客車編成表2011年版 撮影2011.3.31


JR西日本 キハ189系 特急「はまかぜ2号」② キハ188形0番台 キハ188-5

JR西日本 キハ189系 特急「はまかぜ2号」② キハ188形0番台 キハ188-5

JR西日本 189系 3両編成、特急はまかぜ用
←大阪、浜坂③       姫路①→
キハ189_1--キハ188_1-キハ189_1001
2010年 新潟トランシス製 ③連×7=21両
参照:JR気動車客車編成表2011年版 撮影2011.3.31


JR西日本 キハ189系 特急「はまかぜ2号」③ キハ189形0番台 キハ189-5

JR西日本 キハ189系 特急「はまかぜ2号」③ キハ189形0番台 キハ189-5

JR西日本 189系 3両編成、特急はまかぜ用
←大阪、浜坂③       姫路①→
キハ189_1--キハ188_1-キハ189_1001
2010年 新潟トランシス製 ③連×7=21両
参照:JR気動車客車編成表2011年版 撮影2011.3.31


JR西日本 キハ189系 特急「はまかぜ2号」④ キハ189形1000番台 キハ189-1003 1000番台はトイレなし

JR西日本 キハ189系 特急「はまかぜ2号」④ キハ189形1000番台 キハ189-1003 1000番台はトイレなし

JR西日本 189系 3両編成、特急はまかぜ用
←大阪、浜坂③       姫路①→
キハ189_1--キハ188_1-キハ189_1001
2010年 新潟トランシス製 ③連×7=21両
参照:JR気動車客車編成表2011年版 撮影2011.3.31


JR西日本 キハ189系 特急「はまかぜ2号」⑤ キハ188形0番台 キハ188-3

JR西日本 キハ189系 特急「はまかぜ2号」⑤ キハ188形0番台 キハ188-3

JR西日本 189系 3両編成、特急はまかぜ用
←大阪、浜坂③       姫路①→
キハ189_1--キハ188_1-キハ189_1001
2010年 新潟トランシス製 ③連×7=21両
参照:JR気動車客車編成表2011年版 撮影2011.3.31


JR西日本 キハ189系 特急「はまかぜ2号」⑥ キハ189形0番台 キハ189-3

JR西日本 キハ189系 特急「はまかぜ2号」⑥ キハ189形0番台 キハ189-3

JR西日本 189系 3両編成、特急はまかぜ用
←大阪、浜坂③       姫路①→
キハ189_1--キハ188_1-キハ189_1001
2010年 新潟トランシス製 ③連×7=21両
参照:JR気動車客車編成表2011年版 撮影2011.3.31