js3vxw-02.cocolog-nifty.com > JR東海 事業用気動車 ドクター東海 ほか

キヤ95系 「ドクター東海」は 1996年に在来線用の軌道・電気総合試験車として誕生しました。 キハ75系のエンジンであるカミンズ社製C-DMF14HZB (350ps) を両先頭車に各2基搭載し、ブレーキは電気指令式空気ブレーキを採用しました。これにより最高速度は120km/hとなり、 営業列車運転中の時間帯でも他列車の運転に影響を与えることなく検測列車の運転を可能としました。 まさしくドクターイエローの在来線版といえるものです 気動車ですから電化区間・非電化区間を問わず検測に活躍しています。2005年にはDR2編成を加え、2編成体制となり 1ヶ月に2回のペースでJR東海の在来線全線の検測を実施しています。 キヤ97系「 レール運搬車」は、 2007年、国内初の気動車による在来線用のレール運搬車として誕生しました。 25mの定尺レール運搬用である2両編成のR1~4編成4本と、 200mのロングレール運搬用である、13両編成のR101編成が存在します。 エンジンはカミンズ社製のC-DMF14HZC (360ps) で、 ブレーキは電気指令式空気ブレーキを採用していますが、自動ブレーキも併設し機関車による牽引も可能となっています。

JR東海 キヤ95系 *DR1編成 ドクター東海

JR東海 キヤ95系 *DR1編成 ドクター東海

JR東海 キヤ95系事業用気動車  DR1(3両)編成、名古屋車両区

←米原①         ③熱海→
 キヤ95_101-キサヤ94_1-キヤ95_1 
1996年 日車製    撮影 2010.3


JR東海 キヤ95系 DR1編成① キヤ95-101 ドクター東海

JR東海 キヤ95系 DR1編成① キヤ95-101 ドクター東海

キヤ95-101
信号・列車無線など通信関連の測定を担当。
冷房装置などの電源供給用ディーゼルエンジンを搭載。


JR東海 キヤ95系 DR1編成② キサヤ94-1 ドクター東海 軌道検測車

JR東海 キヤ95系 DR1編成② キサヤ94-1 ドクター東海 軌道検測車

キサヤ94-1
軌道検測を担当。車両中央に軌道検測用の台車をはいている。
検測機器のほか、職員用の休養室を設置。


JR東海 キヤ95系 DR1編成③ キヤ95-1 ドクター東海 架線検測車

JR東海 キヤ95系 DR1編成③ キヤ95-1 ドクター東海 架線検測車

キヤ95-1
架線測定など電力関係を担当。
パンタグラフが搭載されている。(DR2編成にはパンタはない)


JR東海 キヤ97系 *R3編成 25m定尺レール運搬車

JR東海 キヤ97系 *R3編成 25m定尺レール運搬車

JR東海 キヤ97系事業用気動車  R3(2両)編成、名古屋車両区

←米原①      ②熱海→
 キヤ97_101-キヤ97_1 
2008年 日車製    撮影 2011.4


JR東海 キヤ97系 R3編成① キヤ97-103 25m定尺レール運搬車

JR東海 キヤ97系 R3編成① キヤ97-103 25m定尺レール運搬車

JR東海 キヤ97系事業用気動車  R3(2両)編成、名古屋車両区

←米原①      ②熱海→
 キヤ97_101-キヤ97_1 
2008年 日車製    撮影 2011.4


JR東海 キヤ97系 R3編成② キヤ97-3 25m定尺レール運搬車

JR東海 キヤ97系 R3編成② キヤ97-3 25m定尺レール運搬車

JR東海 キヤ97系事業用気動車  R3(2両)編成、名古屋車両区

←米原①      ②熱海→
 キヤ97_101-キヤ97_1 
2008年 日車製    撮影 2011.4


*C-DT60A形 動台車 キヤ95-1

*C-DT60A形 動台車 キヤ95-1


*C-DT66形 動台車 キヤ97-103

*C-DT66形 動台車 キヤ97-103


*C-TR250形 軌道検測用台車 キサヤ94-101

*C-TR250形 軌道検測用台車 キサヤ94-101