js3vxw-02.cocolog-nifty.com > JR東海_373系 F編成 特急 「ふじかわ、伊那路」用

JR東海373系は、165系の置換え用として、1995年にデビューしました。 普通列車から特急列車まで、幅広い運用に使用できる汎用性の高い車両です。1996年にかけて、3両編成14本(42両)が製造されました。 制御方式はVVVFインバータ(GTO)を採用しています。 モノクラス3両編成を基本とし、3両・6両・9両編成で運用されます。 1995年に身延線に特急「ふじかわ」(静岡~甲府)として投入され、 翌96年からは飯田線の特急「伊那路」(豊橋~飯田)、東海道本線の特急「東海」(東京~静岡/2007.3廃止)、快速「ムーンライトながら」(東京~大垣/2009.3運用離脱)でも 使用されました。

JR東海_373系 F03編成 特急 「ふじかわ」

JR東海_373系 F03編成 特急 「ふじかわ」

JR東海 373系 F編成(F1〜F14)3連(ふじかわ、伊那路)編成表
←富士③                  ①大垣、甲府→
クモハ373形(Mc) - サハ373形(T) - クハ373形(Tc)
1995.10より使用開始
所属 静シスン   参照:JR電車編成表2008年夏版 撮影2005.8


JR東海 373系 F11編成① クハ372形 クハ372-11 特急ふじかわ4号

JR東海 373系 F11編成① クハ372形 クハ372-11 特急ふじかわ4号

JR東海 373系 F編成(F1〜F14)3連(ふじかわ、伊那路)編成表
←富士③                  ①大垣、甲府→
クモハ373形(Mc) - サハ373形(T) - クハ372形(Tc)
1995.10より使用開始
所属 静シスン   参照:JR電車編成表2008年夏版 撮影2005.8


JR東海 373系 F11編成② サハ373形 サハ373-11 特急ふじかわ4号

JR東海 373系 F11編成② サハ373形 サハ373-11 特急ふじかわ4号

JR東海 373系 F編成(F1〜F14)3連(ふじかわ、伊那路)編成表
←富士③                  ①大垣、甲府→
クモハ373形(Mc) - サハ373形(T) - クハ372形(Tc)
1995.10より使用開始
所属 静シスン   参照:JR電車編成表2008年夏版 撮影2005.8


JR東海 373系 F11編成③ クモハ373形 クモハ373-11 特急ふじかわ4号

JR東海 373系 F11編成③ クモハ373形 クモハ373-11 特急ふじかわ4号

JR東海 373系 F編成(F1〜F14)3連(ふじかわ、伊那路)編成表
←富士③                  ①大垣、甲府→
クモハ373形(Mc) - サハ373形(T) - クハ372形(Tc)
1995.10より使用開始
所属 静シスン   参照:JR電車編成表2008年夏版 撮影2005.8


JR東海 381系  クロ381形 クロ381-13 

JR東海 381系  クロ381形 クロ381-13