js3vxw-02.cocolog-nifty.com > JR四国 2000(N2000)系 気動車 特急「うずしお」 「南風」

2000系気動車は2つのグループに分けることができます。 後期形はN2000系と呼ばれ、高徳線高速化にあわせて製造された改良型となります。 最高速度130km/h運転を可能にしたというのが最大のポイントで、1995年に量産先行車2両(2000形先頭車:2424・2458)が、続いて1997年に2500形(中間車)が量産車として落成しました。 エンジンはコマツ製SA6D125H-1A(350ps)です。 1998年には量産車の先頭車が登場し、1998年3月の 高徳線高速化工事完成に備えました。 全車(16両)とも富士重工業で製造されています。 なお、2400形の01~23は欠番です。下二桁は旧型(2101~22)の番号を引き継いでいるのです。2450形(→2150形)、2500形(→2200形)も同様です。2000形(半室G車)の後継車はありません。

JR四国 N2000系 特急うずしお15号

JR四国 N2000系 特急うずしお15号

JR四国 N2000系2連 
←高松② 徳島①→
   2424-2463 (特急うずしお15号:撮影2012.9.9 高松駅)
2400形24.25~29(47名)2450形58.59~63(52名)
高松運転区 四カマ 参照;JR気動車客車編成表2011年版


JR四国 N2000系 特急うずしお15号① 2450形 2463 

JR四国 N2000系 特急うずしお15号① 2450形 2463 

JR四国 N2000系2連 
←高松② 徳島①→
   2424-2463 (特急うずしお15号:撮影2012.9.9 高松駅)
2400形24.25~29(47名)2450形58.59~63(52名)
高松運転区 四カマ 参照;JR気動車客車編成表2011年版


JR四国 N2000系 特急うずしお15号② 2400形 2424 量産先行車 

JR四国 N2000系 特急うずしお15号② 2400形 2424 量産先行車 

JR四国 N2000系2連 
←高松② 徳島①→
   2424-2463 (特急うずしお15号:撮影2012.9.9 高松駅)
2400形24.25~29(47名)2450形58.59~63(52名)
高松運転区 四カマ 参照;JR気動車客車編成表2011年版


JR四国 N2000系 特急南風15号① 2450形 2459

JR四国 N2000系 特急南風15号① 2450形 2459

JR四国 N2000系3連 
←岡山③ 高知①→
   2428-2523-2459 (特急 南風15号:撮影日 ?  岡山駅)
2400形24.25~29(47名)2500形20~23(52名)2450形58.59~63(52名)
高松運転区 四カマ 参照;JR気動車客車編成表2011年版


JR四国 N2000系 特急南風15号② 2500形 2523

JR四国 N2000系 特急南風15号② 2500形 2523

JR四国 N2000系3連 
←岡山③ 高知①→
   2428-2523-2459 (特急 南風15号:撮影日 ?  岡山駅)
2400形24.25~29(47名)2500形20~23(52名)2450形58.59~63(52名)
高松運転区 四カマ 参照;JR気動車客車編成表2011年版


JR四国 N2000系 特急南風15号③ 2400形 2428

JR四国 N2000系 特急南風15号③ 2400形 2428

JR四国 N2000系3連 
←岡山③ 高知①→
   2428-2523-2459 (特急 南風15号:撮影日 ?  岡山駅)
2400形24.25~29(47名)2500形20~23(52名)2450形58.59~63(52名)
高松運転区 四カマ 参照;JR気動車客車編成表2011年版