js3vxw-02.cocolog-nifty.com > JR九州 キハ125形

JR九州 キハ125形は、新潟鐵工所が地方鉄道向けに提唱した車両である「NDCシリーズ」の一つです。1993年に25両製造されました。 18m級の普通鋼製車体で、ワンマン運転に対応するため両端部に片開き扉を配置し、乗務員室ドアは省略されています。 エンジンはDMF13HZ (330ps/2000rpm) を1基搭載します。 ブレーキは、キハ40系など在来車との併結も可能な自動空気ブレーキが採用されました。 1~9が唐津線と筑肥線用に唐津区に配置。10~25が豊肥線、久大線、日田彦山線用に大分区に配置されています。(2011年現在)93年以後、増備はなくキハ220形が充当されています。当初、トイレはありませんでしたが、2003年から2005年にかけて車椅子対応のトイレが設置されました。 なおキハ125形には400番台が在籍しますが、こちらは高千穂鉄道から移籍した異色の特急車両です。

JR九州 キハ125形 0番台 *キハ125-5 唐津車両センター

JR九州 キハ125形 0番台 *キハ125-5 唐津車両センター

JR九州 キハ125形基本番台 1~25
1993年 新潟鉄工製
車体寸法:18,500×2,828×4,000
エンジン:DMF13HZ (330ps/2000rpm)×1
台車:空気ばね台車DT601K/TR601K
撮影2011.8


JR九州 キハ125形 0番台 キハ125-15 大分車両センター

JR九州 キハ125形 0番台 キハ125-15 大分車両センター

JR九州 キハ125形基本番台 1~25
1993年 新潟鉄工製
車体寸法:18,500×2,828×4,000
エンジン:DMF13HZ (330ps/2000rpm)×1
台車:空気ばね台車DT601K/TR601K
撮影2013.8


JR九州 キハ125形 0番台 キハ125-22 大分車両センター

JR九州 キハ125形 0番台 キハ125-22 大分車両センター

JR九州 キハ125形基本番台 1~25
1993年 新潟鉄工製
車体寸法:18,500×2,828×4,000
エンジン:DMF13HZ (330ps/2000rpm)×1
台車:空気ばね台車DT601K/TR601K
撮影2013.8


JR九州 キハ125形 0番台 キハ125-23 大分車両センター

JR九州 キハ125形 0番台 キハ125-23 大分車両センター

JR九州 キハ125形基本番台 1~25
1993年 新潟鉄工製
車体寸法:18,500×2,828×4,000
エンジン:DMF13HZ (330ps/2000rpm)×1
台車:空気ばね台車DT601K/TR601K
撮影2013.8