js3vxw-02.cocolog-nifty.com > JR九州 811系 交流近郊形電車

811系は、JR九州が最初に手がけた交流近郊形電車です。 3扉転換クロスシート車で基本は4両編成。 1989年から93年にかけて④×28本=112両が製造されました。 軽量ステンレス車体ですが、マスクはスチール製です。 MM'ユニットで、M車(モハ811形)に制御装置(サイリスタ位相制御)を搭載します。 813系との併結も可能ですが、車内の通り抜けはできません。 全車が南福岡電車区(2010年に南福岡車両区)に配属されました。

JR九州 811系 Pm04編成④ クモハ810形0番台 クモハ810-4 南福岡電車区 本ミフ

JR九州 811系 Pm04編成④ クモハ810形0番台 クモハ810-4 南福岡電車区 本ミフ

JR九州 811系 Pm編成 4連  1990.4製 
←門司港④           ①荒尾、宇佐→
クモハ810+モハ811サハ811+クハ810 (編成番号と車号は全て一致します。)
制御方式はサイリスタ位相制御 MT61QA(150kw) DT50QA/TR235QA 
所属 南福岡電車区  参照:JR編成表08年夏号 撮影2011.8


JR九州 811系 Pm04編成③ モハ811形0番台 モハ811-4 南福岡車両区 本ミフ

JR九州 811系 Pm04編成③ モハ811形0番台 モハ811-4 南福岡車両区 本ミフ

JR九州 811系 Pm編成 4連  1990.4製 
←門司港④           ①荒尾、宇佐→
クモハ810+モハ811サハ811+クハ810 (編成番号と車号は全て一致します。)
制御方式はサイリスタ位相制御 MT61QA(150kw) DT50QA/TR235QA 
所属 南福岡電車区  参照:JR編成表08年夏号 撮影2011.8


JR九州 811系 Pm04編成② サハ811形0番台 サハ811-4 南福岡電車区 本ミフ

JR九州 811系 Pm04編成② サハ811形0番台 サハ811-4 南福岡電車区 本ミフ

JR九州 811系 Pm編成 4連  1990.4製 
←門司港④           ①荒尾、宇佐→
クモハ810+モハ811サハ811+クハ810 (編成番号と車号は全て一致します。)
制御方式はサイリスタ位相制御 MT61QA(150kw) DT50QA/TR235QA 
所属 南福岡電車区  参照:JR編成表08年夏号 撮影2011.8


JR九州 811系 Pm04編成① クハ810形0番台 クハ810-4 南福岡電車区 本ミフ

JR九州 811系 Pm04編成① クハ810形0番台 クハ810-4 南福岡電車区 本ミフ

JR九州 811系 Pm編成 4連  1990.4製 
←門司港④           ①荒尾、宇佐→
クモハ810+モハ811サハ811+クハ810 (編成番号と車号は全て一致します。)
制御方式はサイリスタ位相制御 MT61QA(150kw) DT50QA/TR235QA 
所属 南福岡電車区  参照:JR編成表08年夏号 撮影2011.8