js3vxw-02.cocolog-nifty.com > JR北海道 283系気動車 特急「スーパーおおぞら スーパー北斗」

1997年3月から「スーパーおおぞら」として営業運転を開始したJR北海道の振子式気動車です。先行して試作車が1995年に先頭車2両中間車1両が製造され、1996年から量産されたものと合わせ総勢63両を数えました。(なお2011年5月石勝線での火災事故により6両が廃車。) 車体は軽量ステンレス製(前頭部は普通鋼製)でエンジンは N-DMF11HZA(355ps/2100rpmコマツ製)を各車に2台装備しました。これは281系と同じです。 特色となるのは制御付自然振子機構を装備した N-DT283台車です。これは根室本線の急曲線と脆弱な路盤に対応するため、自己操舵(セルフステアリング)機構を組み込んだもので、半径 600m以上の曲線では本則 + 40 km/hでの通過が可能となり、札幌 - 釧路間の最短所要時間は、キハ183系の4時間25分から3時間40分へと大幅に短縮されています。

JR北海道 キハ283系 特急「スーパーおおぞら号」①号車 キハ283形0番台 キハ283-2

JR北海道 キハ283系 特急「スーパーおおぞら号」①号車 キハ283形0番台 キハ283-2

JR北海道 キハ283系 スーパーおおぞら号 6連 編成表 
←① 釧路 札幌⑥→
キハ283_2-キハ282_*-キロ282_6-キハ282_106-キハ282_6-キハ283_18
参照;2012年3月27日撮影 実写データ


JR北海道 キハ283系 特急「スーパーおおぞら号」②号車 キハ282形100番台 キハ282-10*

JR北海道 キハ283系 特急「スーパーおおぞら号」②号車 キハ282形100番台 キハ282-10*

JR北海道 キハ283系 スーパーおおぞら号 6連 編成表 
←① 釧路 札幌⑥→
キハ283_2-キハ282_*-キロ282_6-キハ282_106-キハ282_6-キハ283_18
キハ282形100番台は,トイレなし ミニラウンジ付き
参照;2012年3月27日撮影 実写データ


JR北海道 キハ283系 特急「スーパーおおぞら号」③号車 キロ282形0番台 キロ282-6

JR北海道 キハ283系 特急「スーパーおおぞら号」③号車 キロ282形0番台 キロ282-6

JR北海道 キハ283系 スーパーおおぞら号 6連 編成表 
←① 釧路 札幌⑥→
キハ283_2-キハ282_*-キロ282_6-キハ282_106-キハ282_6-キハ283_18
参照;2012年3月27日撮影 実写データ


JR北海道 キハ283系 特急「スーパーおおぞら号」④号車 キハ282形100番台 キハ282-106 (もとキハ282-1001)

JR北海道 キハ283系 特急「スーパーおおぞら号」④号車 キハ282形100番台 キハ282-106 (もとキハ282-1001)

JR北海道 キハ283系 スーパーおおぞら号 6連 編成表 
←① 釧路 札幌⑥→
キハ283_2-キハ282_*-キロ282_6-キハ282_106-キハ282_6-キハ283_18
キハ282形100番台は,トイレなし ミニラウンジ付き
参照;2012年3月27日撮影 実写データ


JR北海道 キハ283系 特急「スーパーおおぞら号」⑤号車 キハ282形0番台 キハ282-6

JR北海道 キハ283系 特急「スーパーおおぞら号」⑤号車 キハ282形0番台 キハ282-6

JR北海道 キハ283系 スーパーおおぞら号 6連 編成表 
←① 釧路 札幌⑥→
キハ283_2-キハ282_*-キロ282_6-キハ282_106-キハ282_6-キハ283_18
参照;2012年3月27日撮影 実写データ


JR北海道 キハ283系 特急「スーパーおおぞら号」⑥号車 キハ283形0番台 キハ283-18

JR北海道 キハ283系 特急「スーパーおおぞら号」⑥号車 キハ283形0番台 キハ283-18

JR北海道 キハ283系 スーパーおおぞら号 6連 編成表 
←① 釧路 札幌⑥→
キハ283_2-キハ282_*-キロ282_6-キハ282_106-キハ282_6-キハ283_18
参照;2012年3月27日撮影 実写データ


JR北海道 キハ283系 特急「スーパー北斗7号」①号車 キハ283形0番台 キハ283-16

JR北海道 キハ283系 特急「スーパー北斗7号」①号車 キハ283形0番台 キハ283-16

JR北海道 キハ283系 スーパー北斗7号 7連 編成表 
←① 函館 札幌⑦→
キハ283_16-キハ282_*-キロ282_4-キハ282_2002-キハ282_2-キハ282_102-キハ283_8
参照;2012年3月27日撮影 実写データ


JR北海道 キハ283系 特急「スーパー北斗7号」②号車 キハ282形100番台 キハ282-10*

JR北海道 キハ283系 特急「スーパー北斗7号」②号車 キハ282形100番台 キハ282-10*

JR北海道 キハ283系 スーパー北斗7号 7連 編成表 
←① 函館 札幌⑦→
キハ283_16-キハ282_*-キロ282_4-キハ282_2002-キハ282_2-キハ282_102-キハ283_8
キハ282形100番台は,トイレなし ミニラウンジ付き
参照;2012年3月27日撮影 実写データ


JR北海道 キハ283系 特急「スーパー北斗7号」③号車 キロ282形0番台 キロ282-4 (もとキロ283-4)

JR北海道 キハ283系 特急「スーパー北斗7号」③号車 キロ282形0番台 キロ282-4 (もとキロ283-4)

JR北海道 キハ283系 スーパー北斗7号 7連 編成表 
←① 函館 札幌⑦→
キハ283_16-キハ282_*-キロ282_4-キハ282_2002-キハ282_2-キハ282_102-キハ283_8
参照;2012年3月27日撮影 実写データ


JR北海道 キハ283系 特急「スーパー北斗7号」④号車 キハ282形2000番台 キハ282-2002

JR北海道 キハ283系 特急「スーパー北斗7号」④号車 キハ282形2000番台 キハ282-2002

JR北海道 キハ283系 スーパー北斗7号 7連 編成表 
←① 函館 札幌⑦→
キハ283_16-キハ282_*-キロ282_4-キハ282_2002-キハ282_2-キハ282_102-キハ283_8
キハ282形2000番台は中間運転台付き トイレなし ミニラウンジ付き
参照;2012年3月27日撮影 実写データ


JR北海道 キハ283系 特急「スーパー北斗7号」⑤号車 キハ282形0番台 キハ282-2

JR北海道 キハ283系 特急「スーパー北斗7号」⑤号車 キハ282形0番台 キハ282-2

JR北海道 キハ283系 スーパー北斗7号 7連 編成表 
←① 函館 札幌⑦→
キハ283_16-キハ282_*-キロ282_4-キハ282_2002-キハ282_2-キハ282_102-キハ283_8
参照;2012年3月27日撮影 実写データ


JR北海道 キハ283系 特急「スーパー北斗7号」⑥号車 キハ282形100番台 キハ282-102 (もとキハ282-202)

JR北海道 キハ283系 特急「スーパー北斗7号」⑥号車 キハ282形100番台 キハ282-102 (もとキハ282-202)

JR北海道 キハ283系 スーパー北斗7号 7連 編成表 
←① 函館 札幌⑦→
キハ283_16-キハ282_*-キロ282_4-キハ282_2002-キハ282_2-キハ282_102-キハ283_8
キハ282形100番台は,トイレなし ミニラウンジ付き
参照;2012年3月27日撮影 実写データ


JR北海道 キハ283系 特急「スーパー北斗7号」⑦号車 キハ283形0番台 キハ283-8 (もとキハ283-103)

JR北海道 キハ283系 特急「スーパー北斗7号」⑦号車 キハ283形0番台 キハ283-8 (もとキハ283-103)

JR北海道 キハ283系 スーパー北斗7号 7連 編成表 
←① 函館 札幌⑦→
キハ283_16-キハ282_*-キロ282_4-キハ282_2002-キハ282_2-キハ282_102-キハ283_8
参照;2012年3月27日撮影 実写データ


JR北海道 キハ283系 補遺 キハ282形1000番台 キハ282-1001

JR北海道 キハ283系 補遺 キハ282形1000番台 キハ282-1001

キハ282-1001.1002は付属編成用の中間車で基本番台.100番台と基本的に違いはない


JR北海道 キハ283系 補遺 キハ282形2000番台 キハ282-2001

JR北海道 キハ283系 補遺 キハ282形2000番台 キハ282-2001

キハ282-2001 はキハ283系唯一の苗穂工場製。
試作車編成の中間車であった。


JR北海道 キハ283系 補遺 キハ282形2000番台 キハ282-2009

JR北海道 キハ283系 補遺 キハ282形2000番台 キハ282-2009

キハ282-2000番台は、付属編成の増解結用に、釧路側の簡易運転台を備えている。
付属編成の先頭車として本線での運転が可能。
なお トイレ・洗面所はない。札幌側に荷物置き場と喫煙コーナー兼ミニラウンジを設置。
定員60名。


JR北海道 キハ283系 補遺 キハ282形3000番台 キハ282-3003

JR北海道 キハ283系 補遺 キハ282形3000番台 キハ282-3003

キハ282-3000番台は、2000番台と同一の車体構造で、簡易運転台は準備工事のみとなっている。
札幌側に荷物置き場と喫煙コーナー兼ミニラウンジを設置。定員60名。


JR北海道 キハ283系 補遺 キハ283形900番台 キハ283-901

JR北海道 キハ283系 補遺 キハ283形900番台 キハ283-901

キハ283-900番台 901.902
先行試作車