js3vxw-02.cocolog-nifty.com > JR東日本 E127系 大糸線篠ノ井線用 松本車両センター

E127系100番台は1998年に松本地区で営業運転を開始しました。 0番台との違いは、車体デザイン(扉間の開閉可能な窓が2段上昇となっているなど、701系に近い)や、パンタグラフ(シングルアーム式のPS34形に変更)、行先表示器(LED式に変更)などがあげられますが、一番の違いは座席です。大糸線が観光路線であるということから、西側(北アルプス側)がクロスシートとなるセミクロスシートとなっています。2連×12本=24両が松本車両センターに在籍します。 1999年からはワンマン運転も始まりました。

JR東日本 E127系100番台_A10編成

JR東日本 E127系100番台_A10編成

JR東日本 E127系100番台 A1~12編成2連 大糸線、篠ノ井線用
←①塩尻、松本    南小谷②→  
  クモハE127_100-クハE126_100
1998.11に新製 編成番号と車番下二桁は対応している。
A1~12が在籍。A10~12については、クハにも霜取り用パンタが付く。
参考:JR電車編成表2010年夏版  撮影2007.7


JR東日本 E127系100番台 A10編成① クモハ127形100番台 クモハ127-110

JR東日本 E127系100番台 A10編成① クモハ127形100番台 クモハ127-110

JR東日本 E127系100番台 A1~12編成2連 大糸線、篠ノ井線用
←①塩尻、松本    南小谷②→  
  クモハE127_100-クハE126_100
1998.11に新製 編成番号と車番下二桁は対応している。
A1~12が在籍。A10~12については、クハにも霜取り用パンタが付く。
参考:JR電車編成表2010年夏版  撮影2007.7


JR東日本 E127系100番台 A10編成② クハ126形100番台 クハ126-110

JR東日本 E127系100番台 A10編成② クハ126形100番台 クハ126-110

JR東日本 E127系100番台 A1~12編成2連 大糸線、篠ノ井線用
←①塩尻、松本    南小谷②→  
  クモハE127_100-クハE126_100
1998.11に新製 編成番号と車番下二桁は対応している。
A1~12が在籍。A10~12については、クハにも霜取り用パンタが付く。
参考:JR電車編成表2010年夏版  撮影2007.7


JR東日本 E127系100番台 A9編成① クモハ127形100番台 クモハ127-109

JR東日本 E127系100番台 A9編成① クモハ127形100番台 クモハ127-109

JR東日本 E127系100番台 A1~12編成2連 大糸線、篠ノ井線用
←①塩尻、松本    南小谷②→  
  クモハE127_100-クハE126_100
1998.11に新製 編成番号と車番下二桁は対応している。
A1~12が在籍。A10~12については、クハにも霜取り用パンタが付く。
参考:JR電車編成表2010年夏版  撮影2007.7


JR東日本 E127系100番台 A9編成② クハ126形100番台 クハ126-109

JR東日本 E127系100番台 A9編成② クハ126形100番台 クハ126-109

JR東日本 E127系100番台 A1~12編成2連 大糸線、篠ノ井線用
←①塩尻、松本    南小谷②→  
  クモハE127_100-クハE126_100
1998.11に新製 編成番号と車番下二桁は対応している。
A1~12が在籍。A10~12については、クハにも霜取り用パンタが付く。
参考:JR電車編成表2010年夏版  撮影2007.7