js3vxw-02.cocolog-nifty.com > JR東日本 キハ100系_その3 キハ111形 /キハ112形 20m級ローカル線用気動車

JR東日本 キハ100系 その3- キハ111形+キハ112形- キハ100系気動車は1990年にデビューしましたが、 キハ111形+キハ112形は、1年遅れの91年デビューです。 キハ110形と同じく20m級の車体を持ちますが、 こちらは片運転台車で2両固定で用いられます。 なおキハ112形はトイレなしの設定です。 47編成94両が在籍し、その大半は、 ローカル列車用のセミクロスシート車ですが、キハ110形同様、 0番台(1~3)は回転クロスシートの急行列車用として、 300番台(301~303)ては特急用として、デビューしています。 300番台については、現在200番台(210~212)に改造され 現存していません。 また0番台についても、現在急行運用はありません。

JR東日本 キハ100系 キハ111系0番台

JR東日本 キハ100系 キハ111系0番台

キハ111/キハ112形0番台(1~3)
優等列車用のクロスシート車。1991年のデビュー当初は、キハ110形0番台とともに釜石線と山田線で運行される急行「陸中」で使用を開始しました。
両運のキハ110形5両に対し片運のキハ111・112形2両編成は3本の計6両が製造されました。2013年現在、急行「陸中」はなく、快速「はまゆり」をはじめ、釜石線や山田線および東北本線- 盛岡間の普通列車に使用されています。
撮影:2008年8月 釜石


JR東日本 キハ100系 キハ111系0番台① キハ111-1 釜石線/山田線用 キハ111形はトイレ付き

JR東日本 キハ100系 キハ111系0番台① キハ111-1 釜石線/山田線用 キハ111形はトイレ付き

キハ111/キハ112形0番台(1~3)
優等列車用のクロスシート車。1991年のデビュー当初は、キハ110形0番台とともに釜石線と山田線で運行される急行「陸中」で使用を開始しました。
両運のキハ110形5両に対し片運のキハ111・112形2両編成は3本の計6両が製造されました。2013年現在、急行「陸中」はなく、快速「はまゆり」をはじめ、釜石線や山田線および東北本線- 盛岡間の普通列車に使用されています。
撮影:2008年8月 釜石


JR東日本 キハ100系 キハ111系0番台② キハ112-2 釜石線/山田線用 キハ112形はトイレなし

JR東日本 キハ100系 キハ111系0番台② キハ112-2 釜石線/山田線用 キハ112形はトイレなし

キハ111/キハ112形0番台(1~3)
優等列車用のクロスシート車。1991年のデビュー当初は、キハ110形0番台とともに釜石線と山田線で運行される急行「陸中」で使用を開始しました。
両運のキハ110形5両に対し片運のキハ111・112形2両編成は3本の計6両が製造されました。2013年現在、急行「陸中」はなく、快速「はまゆり」をはじめ、釜石線や山田線および東北本線- 盛岡間の普通列車に使用されています。
撮影:2008年8月 釜石


JR東日本 キハ100系 キハ111系100番台① キハ111-121 水郡線用 トイレ付き 

JR東日本 キハ100系 キハ111系100番台① キハ111-121 水郡線用 トイレ付き 

キハ111/キハ112形100番台 (101~121)
普通列車用のセミクロスシート車。
両運のキハ110形39両に対し片運のキハ111・112形2両編成は21本の計42両が製造されました。なおクロスシートは、混雑時のことを考え2×1列配置となっています。
撮影 2005年8月 水戸駅


JR東日本 キハ100系 キハ111系100番台② キハ111-121 水郡線用 キハ112形はトイレなし

JR東日本 キハ100系 キハ111系100番台② キハ111-121 水郡線用 キハ112形はトイレなし

キハ111/キハ112形100番台 (101~121)
普通列車用のセミクロスシート車。
両運のキハ110形39両に対し片運のキハ111・112形2両編成は21本の計42両が製造されました。なおクロスシートは、混雑時のことを考え2×1列配置となっています。
撮影 2005年8月 水戸駅


JR東日本 キハ100系 キハ111系200番台① キハ111-218 陸羽西線/東線用 キハ111形はトイレ付き 

JR東日本 キハ100系 キハ111系200番台① キハ111-218 陸羽西線/東線用 キハ111形はトイレ付き 

キハ111/112形200番台(201~221)は、100番台のマイナーチェンジバージョン。(キハ111形はトイレ付き)ドアが引き戸式となりステップの高さを下げたのが特色です。
陸羽西線/東線に投入された車両(キハ110形237 ~245、キハ111・112形213~ 221)は観光列車を意識した専用塗装で「奥の細道」のロゴが表記されています。窓側に45度回転可能な1人掛けクロスシートを備え、車窓からの眺めを楽しめるよう心憎い配慮がなされています。(通路側にも180度回転可能)


JR東日本 キハ100系 キハ111系200番台② キハ112-218 陸羽西線/東線用 キハ112形はトイレなし 

JR東日本 キハ100系 キハ111系200番台② キハ112-218 陸羽西線/東線用 キハ112形はトイレなし 

キハ111/112形200番台(201~221)は、100番台のマイナーチェンジバージョン。(キハ112形はトイレなし)ドアが引き戸式となりステップの高さを下げたのが特色です。
陸羽西線/東線に投入された車両(キハ110形237 ~245、キハ111・112形213~ 221)は観光列車を意識した専用塗装で「奥の細道」のロゴが表記されています。窓側に45度回転可能な1人掛けクロスシートを備え、車窓からの眺めを楽しめるよう心憎い配慮がなされています。(通路側にも180度回転可能)