JR東日本 キハ100系 20m級両運転台車 キハ110形200番台 キハ110-235 飯山線用 眺望車「ふるさと」300番台改造車

撮影場所:長野駅

キハ110形200番台(201~245)
20m級のセミクロスシート車。
100番台と同じく、セミクロスシートのスタンダードタイプですが、側扉を引戸にした点が大きな特色です。飯山線用に長野区に配属されているのは225~236。全て300番台からの改造車です。
うち、235.236の2両は眺望車「ふるさと」。千曲川の眺めを楽しめるよう座席を窓側に向けてありました。(現在は普通のセミクロスシート)撮影:1998年12月 長野駅