JR東日本 701系1000番台 1031F 

701系は1993年から導入された交流電化区間用の標準車。
209系と同じ工法による軽量ステンレス製構体を採用した3Dロングシート車です。
単相交流20 kVを主変圧器で降圧、主変換装置で直流に整流したのち、
三相交流に変換し主電動機を制御するVVVFインバータ(GTO)方式ですが、
制御方式も電動機(MT65:125 kW)も台車も209系と同タイプです。
8両編成を組むことが可能ですが、ワンマン運転にも対応します。
冷房装置は集中式のAU710A(38,000 kcal)です。
1000番台の基本仕様は100番台と同一ですが、
719系との併結が可能であることとパンタグラフをPS105に変更している点が特色です。
2011~14年に機器を更新、発電ブレーキは回生ブレーキに変更され、
屋根上の抵抗器が撤去されました。