js3vxw-02.cocolog-nifty.com > T5 伊予鉄道 市内線 モハ50形③ 81/1001~1003

ここでは、モハ50形のうち他社局から移籍してきたグループと事業用車両であるモニ30形をUPしています。1001-1003(1959年:ナニワ工機製)は、呉市交通局の1000形として登場しました。1967年軌道線全廃の前年に移籍、伊予鉄では呉時代の車番のままとなりましたが、3本のリブが特徴のバスボディの手法による軽量車体です。モハ50形62-64と同形車であることからモハ50形を名乗ります。 ただし、スペック上では、こちらのほうが1t軽く。伊予鉄道市内電車中で最軽量車体となります。2000~2004年に廃車。 81(1963年:日立製)は、南海和歌山市内線321形として登場しました。1971年軌道線全廃により移籍、伊予鉄では81の車番となりました。1987年に廃車。

*伊予鉄道 松山市内線 モハ50形 1001  もと呉市電1000形

*伊予鉄道 松山市内線 モハ50形 1001 もと呉市電1000形

形式 モハ50  1001~1003  両数3 製造初年 1963 ナニワ工機
旧 呉市電1000形1001~1003 1967年移籍 2000~2004年に廃車
11.500:2.346:3.720  11.9 t  80名 30席
台車 NK-12 ナニワ工機  モータ:50kw×2 直接制御 ブレーキ SM-3
参考文献 rp688 2000.3  路面電車ガイドブック 1976.6 撮影1991.4


*伊予鉄道 松山市内線 モハ50形 1003  もと呉市電1000形

*伊予鉄道 松山市内線 モハ50形 1003 もと呉市電1000形

形式 モハ50  1001~1003  両数3 製造初年 1963 ナニワ工機
旧 呉市電1000形1001~1003 1967年移籍 2000~2004年に廃車
11.500:2.346:3.720  11.9 t  80名 30席
台車 NK-12 ナニワ工機  モータ:50kw×2 直接制御 ブレーキ SM-3
参考文献 rp688 2000.3  路面電車ガイドブック 1976.6 撮影1991.4


*伊予鉄道 松山市内線 モハ50形 81  もと南海和歌山市内線321形

*伊予鉄道 松山市内線 モハ50形 81 もと南海和歌山市内線321形

形式 モハ50  81  両数1 製造年 1963 日立
旧 南海和歌山市内線321形324 1971年移籍 1987年廃車
12.300:2.270:4.170  15.0 t  80名 32席
台車 KL-11c 日立  モータ:50kw×2 間接非自動 ブレーキ SM-3
参考文献 路面電車ガイドブック 1976.6  撮影1984.1


伊予鉄道 松山市内線 モニ30形 30

伊予鉄道 松山市内線 モニ30形 30

形式 モニ30  30  両数1  製造年 1952年 自社 2007年3月廃車
5.580:2.035:4.180  5.0 t  - - 席 荷重2t
台車 Brill21Eブリル  モータ:18.7kw×2  直接制御 ブレーキ 電/手
参考文献 路面電車ガイドブック 1976.6  撮影1990.2


伊予鉄道 松山市内線 モニ30形 31  もと土佐電気鉄道 300形

伊予鉄道 松山市内線 モニ30形 31 もと土佐電気鉄道 300形

形式 モニ30  31  両数1  改造年 1971
旧土佐電300形 312 1954年製 土佐電製 1971年移籍 2007年3月廃車
8.490:2.197:4.168  8.0t 荷重5t - - 席
台車 ブリル  モータ:26.1kw×2  直接制御 ブレーキ 電/空
参考文献 路面電車ガイドブック 1976.6 撮影1990.2


*伊予鉄道 松山市内線 モハ50形 81  もと南海和歌山市内線321形

*伊予鉄道 松山市内線 モハ50形 81 もと南海和歌山市内線321形

形式 モハ50  81  両数1 製造年 1963 日立
旧 南海和歌山市内線321形 324 1971年移籍
12.300:2.270:4.170  15.0 t  80名 32席
台車 KL-11c 日立  モータ:50kw×2 間接非自動 ブレーキ SM-3
参考文献 路面電車ガイドブック 1976.6  撮影1990.2