js3vxw-02.cocolog-nifty.com > T4 広島電鉄 市内線用 750形 (もと大阪市電 1601.1651.1801形)

広島電鉄750形は、もと大阪市電1601形、1651形、1801形。 広島電鉄ではこれらをすべて750形とし、形式順に連番を付しています。 参考文献の路面電車ガイドブック1976.6によると760は大阪市電1601形の改造車となっていますが、のちの改番により、760は765と車番を交換しています。よって今回の画像では旧765の760となります。新旧車番はウィキのデータを参照しました。

広島電鉄 市内線用 750形 757 (もと大阪市電 1601形 1635)

広島電鉄 市内線用 750形 757 (もと大阪市電 1601形 1635)

751~760は元1601形。
1928から29年に藤永田造船所と梅鉢鉄工所で製造されました。
1段下降窓の古めかしい形態です。大阪時代に3扉から2扉に改造されています。
広電には1965年に14両譲渡され、そのうちの10両が751-760となりました。
一部は2500形2511-2514号に改造されましたが、これらも含めて、1987年までに全廃されています。花電車用に改造された貨50形のみが残っています。


広島電鉄 市内線用 750形 760新 (765:もと大阪市電 1801形 1832)

広島電鉄 市内線用 750形 760新 (765:もと大阪市電 1801形 1832)

765:広島電鉄750形 765-72  製造初年 1950 富士車輌
旧大阪市電1801形 1965-68
13.700 2.480 3.840 18.0 t 94 名
台車 KS-46L 住友 モーター SS-60 45 ×2
参考文献 rp688/593 2000.4/1994.7


広島電鉄 市内線用 750形 760新 (765:もと大阪市電 1801形 1832)広告塗装

広島電鉄 市内線用 750形 760新 (765:もと大阪市電 1801形 1832)広告塗装

参考:旧760 広島電鉄750形 754.758.760  製造年 S4.年 --
 旧大阪市電1601形 1965年導入
 13.710: 2.488: 3.877   15.87 t  90 名40席
台車 KS-40J  モーター 52kw×2
参考文献 路面電車ガイドブック1976.6


広島電鉄 市内線用 750形 761 (もと大阪市電 1651形 1651)

広島電鉄 市内線用 750形 761 (もと大阪市電 1651形 1651)

761~764は元1651形。
1940年に散水車を種車として木南車輌で製造されました。
広電には1965年に4両が譲渡され761-764となりました。
シルヘッダー付きの古風なスタイルですが、大きな窓を持つ均整の取れた車体です。
1801形とほとんど変わりませんが、種車の台車であるburill77E(川崎)をはいていました。


広島電鉄 市内線用 750形 762 (もと大阪市電 1651形 1652)

広島電鉄 市内線用 750形 762 (もと大阪市電 1651形 1652)

広島電鉄750形 761-64  製造初年 1940年 木南車輌
 旧大阪市電1601形 1965年導入
 13.700: 2.480: 3.845   18.0 t  94 名40席
台車 77E ブリル モーター TDK-5460G1-A 45kw×2
参考文献 rp688/593 2000.4/1994.7


広島電鉄 市内線用 750形 763 (もと大阪市電 1651形 1653)

広島電鉄 市内線用 750形 763 (もと大阪市電 1651形 1653)

広島電鉄750形 761-64  製造初年 1940年 木南車輌
 旧大阪市電1601形 1965年導入
 13.700: 2.480: 3.845   18.0 t  94 名40席
台車 77E ブリル モーター TDK-5460G1-A 45kw×2
参考文献 rp688/593 2000.4/1994.7


広島電鉄 市内線用 750形 763 (もと大阪市電 1651形 1653)警告マーク付き

広島電鉄 市内線用 750形 763 (もと大阪市電 1651形 1653)警告マーク付き

広島電鉄750形 761-64  製造初年 1940年 木南車輌
 旧大阪市電1601形 1965年導入
 13.700: 2.480: 3.845   18.0 t  94 名40席
台車 77E ブリル モーター TDK-5460G1-A 45kw×2
参考文献 rp688/593 2000.4/1994.7


広島電鉄 市内線用 750形 771 (もと大阪市電 1801形 1830)

広島電鉄 市内線用 750形 771 (もと大阪市電 1801形 1830)

広島電鉄750形 765-72  製造初年 1950 富士車輌
旧大阪市電1801形 1965-68
13.700 2.480 3.840 18.0 t 94 名
台車 KS-46L 住友 モーター SS-60 45 ×2
参考文献 rp688/593 2000.4/1994.7


広島電鉄 市内線用 750形 772 (もと大阪市電 1801形 1831)

広島電鉄 市内線用 750形 772 (もと大阪市電 1801形 1831)

広島電鉄750形 765-72  製造初年 1950 富士車輌
旧大阪市電1801形 1965-68
13.700 2.480 3.840 18.0 t 94 名
台車 KS-46L 住友 モーター SS-60 45 ×2
参考文献 rp688/593 2000.4/1994.7


広島電鉄 市内線用 750形冷房改造車 768 (もと大阪市電 1801形 1827)

広島電鉄 市内線用 750形冷房改造車 768 (もと大阪市電 1801形 1827)

765~772は元1801形。 1950年に富士車輌で製造されました。
広電には1967年に8両が譲渡され765-772号になりました。
現在は768,769,772の3両が在籍しています。
元1651形と違って台車が大阪市電形です。


広島電鉄 市内線用 750形冷房改造車 769 (もと大阪市電 1801形 1828)

広島電鉄 市内線用 750形冷房改造車 769 (もと大阪市電 1801形 1828)

広島電鉄750形 765-72  製造初年 1950 富士車輌
旧大阪市電1801形 1965-68
13.700 2.480 3.840 18.0 t 94 名
台車 KS-46L 住友 モーター SS-60 45 ×2
参考文献 rp688/593 2000.4/1994.7


広島電鉄 市内線用 750形冷房改造車 772 (もと大阪市電 1801形 1831)

広島電鉄 市内線用 750形冷房改造車 772 (もと大阪市電 1801形 1831)

広島電鉄750形 765-72  製造初年 1950 富士車輌
旧大阪市電1801形 1965-68
13.700 2.480 3.840 18.0 t 94 名
台車 KS-46L 住友 モーター SS-60 45 ×2
参考文献 rp688/593 2000.4/1994.7