広島電鉄 市内線用 750形 761 (もと大阪市電 1651形 1651)

撮影場所:猿猴橋町

761~764は元1651形。
1940年に散水車を種車として木南車輌で製造されました。
広電には1965年に4両が譲渡され761-764となりました。
シルヘッダー付きの古風なスタイルですが、大きな窓を持つ均整の取れた車体です。
1801形とほとんど変わりませんが、種車の台車であるburill77E(川崎)をはいていました。