js3vxw-02.cocolog-nifty.com > T4 広島電鉄 市内線用 350形 600形 旧800形

広島電鉄350形は、1958年3月に宮島線直通用として導入された850形がその前身です。851~53の3両がナニワ工機で新製されました。直通運転用として先行導入された550形551をパワーUPし、最高速度を60km/hに引き上げた車両です。しかし空気ブレーキのみであったことから、市内線へ転用、1971年に350形と改められました。菱形パンタグラフにその名残が感じられます。 600形(601~03)はもと西鉄北九州市内線の500形です。 1948~49年に12両が汽車会社で製造されました。 全長13m。当初、3ドアでしたが、1952年に2ドア化しました。またこのとき車体の前後を絞り、モータも45kW×2個に変更されました。 広島電鉄へ譲渡されたのは1976年です。この際3ドアに復帰しています。事故廃車の603以外は1984年に冷房改造(CU77A:21,000kcal/h×1)され、併せて方向幕の大型化、台車の交換などが行われています。2001年に601号が廃車、現在、602号のみ運用中

広島電鉄 市内線用 350形 351 (もと宮島線直通用 850形 851)

広島電鉄 市内線用 350形 351 (もと宮島線直通用 850形 851)

広島電鉄350形 351~53  1958年 ナニワ工機製
宮島線直通用850形として製作
12.000: 2.440: 4.186  16.3 t  80 名
台車:NS-11 日車 モーター:NE-50  50kw×2
間接非自動制御車 ブレーキ:SM-3
参考文献 rp688/593 2000.4/1994.7


広島電鉄 市内線用 350形 352 (もと宮島線直通用 850形 852)

広島電鉄 市内線用 350形 352 (もと宮島線直通用 850形 852)

広島電鉄350形 351~53  1958年 ナニワ工機製
宮島線直通用850形として製作
12.000: 2.440: 4.186  16.3 t  80 名
台車:NS-11 日車 モーター:NE-50  50kw×2
間接非自動制御車 ブレーキ:SM-3
参考文献 rp688/593 2000.4/1994.7


広島電鉄 市内線用 350形冷房改造車 351 (もと宮島線直通用 850形 851)

広島電鉄 市内線用 350形冷房改造車 351 (もと宮島線直通用 850形 851)

広島電鉄350形 351~53  1958年 ナニワ工機製
宮島線直通用850形として製作
12.000: 2.440: 4.186  16.3 t  80 名
台車:NS-11 日車 モーター:NE-50  50kw×2
間接非自動制御車 ブレーキ:SM-3
参考文献 rp688/593 2000.4/1994.7


広島電鉄 市内線用 350形冷房改造車 352 (もと宮島線直通用 850形 852)

広島電鉄 市内線用 350形冷房改造車 352 (もと宮島線直通用 850形 852)

広島電鉄350形 351~53  1958年 ナニワ工機製
宮島線直通用850形として製作
12.000: 2.440: 4.186  16.3 t  80 名
台車:NS-11 日車 モーター:NE-50  50kw×2
間接非自動制御車 ブレーキ:SM-3
参考文献 rp688/593 2000.4/1994.7


広島電鉄 市内線用 350形冷房改造車 353 (もと宮島線直通用 850形 853)

広島電鉄 市内線用 350形冷房改造車 353 (もと宮島線直通用 850形 853)

広島電鉄350形 351~53  1958年 ナニワ工機製
宮島線直通用850形として製作
12.000: 2.440: 4.186  16.3 t  80 名
台車:NS-11 日車 モーター:NE-50  50kw×2
間接非自動制御車 ブレーキ:SM-3
参考文献 rp688/593 2000.4/1994.7


広島電鉄 市内線用 600形 602 (もと西鉄北九州線 500形 502)

広島電鉄 市内線用 600形 602 (もと西鉄北九州線 500形 502)

広島電鉄600形(601~03)
もと西鉄北九州市内線の500形です。
1948~49年に12両が汽車会社で製造されました。全長13m。当初、3ドアでしたが、1952年に2ドア化しました。またこのとき車体の前後を絞り、モータも45kW×2個に変更されました。
広島電鉄へ譲渡されたのは1976年です。この際3ドアに復帰しています。事故廃車の603以外は1984年に冷房改造(CU77A:21,000kcal/h×1)され、併せて方向幕の大型化、台車の交換などが行われています。2001年に601号が廃車、現在、602号のみ運用中


広島電鉄 市内線用 600形冷房改造車 602 (もと西鉄北九州線 500形 502)

広島電鉄 市内線用 600形冷房改造車 602 (もと西鉄北九州線 500形 502)

広島電鉄600形  601.02 1948年 汽車製
旧西鉄北九州500形 1976年広島入り
13.620: 2.400: 3.950   17.9 t  80 名
台車:KS-46L 住友 モーター:TDK-524-2  45kw×2
参考文献 rp688/593 2000.4/1994.7


広島電鉄 市内線用 旧800形改 801

広島電鉄 市内線用 旧800形改 801

広島電鉄800形(801-05)は、1951年ナニワ工機製、広電では戦後初めて導入された車輌です。
オリジナルは両端ドアでしたが803のみ前中ドアに改造、ワンマン化されました。1983年形式消滅。
広島電鉄 旧800形改 801(もと803)1951年 ナニワ工機製
11.950: 2.430: 3.465  15.6 t  80 名
台車:ブリル77Eタイプ モーター:MB245-L  38kw×2
直接制御 KR-8 ブレーキ:SM-3
参考文献 路面電車ガイドブック1976.6 ほか