js3vxw-02.cocolog-nifty.com > P3 阪神電気鉄道 J系(旧J系) 5101形 5201形 5231形 5261形 

阪神では、古くから普通用と急行用を区別して車両を運用していました.駅の数が阪急や国鉄に較べ圧倒的に多いのですから、スピードで後れをとらないためには当然の施策といえます。しかし普通列車が、トロトロ走っていたのでは何にもなりません。そこで阪神は起動加速度4.5km/h/s、減速度5.0km/h/sという、日本一の高加速減速車を登場させます。これがジェットカーと呼ばれる5000番台の車両群です。 ここでは初代5000形が1958年に登場して以降、1977年に2代目5000形が登場するまでの第1世代となるジェットカーをご覧いただけます。

阪神電気鉄道 旧J系_① 5101形 5108 旧ジェットカー量産車(両運)

阪神電気鉄道 旧J系_① 5101形 5108 旧ジェットカー量産車(両運)

阪神電気鉄道 旧J系 5101形  S34.35 
ジェットカー量産車の両運転台バージョン


阪神電気鉄道 旧J系_② 5201形_1次形 5202 ジェットシルバー(片運)

阪神電気鉄道 旧J系_② 5201形_1次形 5202 ジェットシルバー(片運)

阪神電気鉄道 旧J系 5201形 ジェットシルバー S34 
ジェットカー量産車の片運転台バージョン
5201.2はステンレス製無塗装の試作車


阪神電気鉄道 旧J系_③ 5201形2次形 5215 旧ジェットカー量産車(片運)

阪神電気鉄道 旧J系_③ 5201形2次形 5215 旧ジェットカー量産車(片運)

阪神電気鉄道 旧J系 5201形 5203~ S34 
ジェットカー量産車の片運転台バージョン
(5201.2はステンレス製無塗装の試作車)


阪神電気鉄道 旧J系_④ 5231形 5245 旧ジェットカー増備車(片運)

阪神電気鉄道 旧J系_④ 5231形 5245 旧ジェットカー増備車(片運)

阪神電気鉄道 旧J系 5231形 S36~38 
ジェットカー増備車、Mc-Mc


阪神電気鉄道 旧J系_⑤ 5261形1次形 5266 冷房改造後

阪神電気鉄道 旧J系_⑤ 5261形1次形 5266 冷房改造後

阪神電気鉄道 旧J系 5261形1次車 S42~43
5261-70 
ジェットカー量産車、1C8MのMMユニット
S52 ジェットカーで最初に冷房改造された
S45 に増備された 71-74は当初から冷房機付き
車体も丸みを帯び大きく変化している。


阪神電気鉄道 旧J系_⑥ 5271形2次車 5271 冷房車

阪神電気鉄道 旧J系_⑥ 5271形2次車 5271 冷房車

阪神電気鉄道 旧J系 5261形2次車 S45
5271-74
当初から冷房機付き
車体も丸みを帯び大きく変化している。S45に増備された


阪神電気鉄道 旧J系⑦ *5311形 5314 冷房化以前の姿

阪神電気鉄道 旧J系⑦ *5311形 5314 冷房化以前の姿

阪神電気鉄道 旧J系 5311形 S43~44
5311-14 
5261形と同タイプでありながら、単車走行が可能。
S55-6 冷房改造され、制御器も電機子チョッパに換装された。
同時に2連固定となっている。


阪神電気鉄道 旧J系⑧ 5311形 5312 電機子チョッパ車(冷房化以後の姿)

阪神電気鉄道 旧J系⑧ 5311形 5312 電機子チョッパ車(冷房化以後の姿)

阪神電気鉄道 旧J系 5311形 S43~44
5311-14 
5261形と同タイプでありながら、単車走行が可能。
S55-6 冷房改造され、制御器も電機子チョッパに換装された。
同時に2連固定となっている。


阪神電気鉄道 旧J系⑨ 5131形 5131 電機子チョッパ車(冷房付き)

阪神電気鉄道 旧J系⑨ 5131形 5131 電機子チョッパ車(冷房付き)

阪神電気鉄道 旧J系 5131形 S56~58
5131-5145 
当初から冷房車で、制御器は電機子チョッパ。
他のジェットカーと相互連結が可能。
5131形は三菱製 5331形は東芝製
モーターは5231形のものを流用している。