阪神電気鉄道 3501形 3501 Mc

撮影場所:

3501形は、阪神の「顔」となる前面スタイルを確立した車両といえるでしょう。
奇数車が大阪向き、偶数車が神戸向きの片運転台車両として58、59年に20両製造されました。
片運転台ですが単車走行が可能でした。しかし実際に本線上を単車で営業運転することはなかったようです。