js3vxw-02.cocolog-nifty.com > P3 阪急電鉄 京都線 9300系

2001年3月。京都線ダイヤが10ヘッドに切り替えられることに伴い、特急を増発しなければならなかった阪急は、6300系ではまかないきれない特急車両をロングシート車で補ってきました。しかしアメニティの違いはいかんともしがたく。2003年より転換クロスシートの車両を増備しました。これが9300系です。 京都線の特急用車両は、片側2扉の転換クロスシート車というのが2800系からの伝統でしたが、9300系では、特急の停車駅増加に伴う乗降時間短縮のため片側3扉とされました。乗車位置が6300系とは違うため、また2007年には淡路駅にも特急が停車することから増備がすすめられ、2010年2月には6300系を特急運用から淘汰するに至っています。現在8連×11=88両が在籍しています。

阪急京都線 9300系(1次形)8連_9300F① 9300形 9300 Mc1

阪急京都線 9300系(1次形)8連_9300F① 9300形 9300 Mc1

阪急京都線 9300系8連 編成表00~09F
←梅田①                 ⑧河原町→       
9300-9850-9870-9880-9890-9860-9800-9400
Mc1  T1  T2  T2   T2 T1  M1 Mc2
T1=9850形,T2=9870形だが00~09Fまでは上記のように下一桁を揃えている。
1次形(00F)は2003年日立製 2次形とはヘッドライトケースに違いあり。
参考:私鉄車両編成表'07年版 2005年5月撮影


阪急京都線 9300系(1次形)8連_9300F② 9850形 9850 T1

阪急京都線 9300系(1次形)8連_9300F② 9850形 9850 T1

阪急京都線 9300系8連 編成表00~09F
←梅田①                 ⑧河原町→       
9300-9850-9870-9880-9890-9860-9800-9400
Mc1  T1  T2  T2   T2 T1  M1 Mc2
T1=9850形,T2=9870形だが00~09Fまでは上記のように下一桁を揃えている。
1次形(00F)は2003年日立製 2次形とはヘッドライトケースに違いあり。
参考:私鉄車両編成表'07年版 2005年5月撮影


阪急京都線 9300系(1次形)8連_9300F③ 9870形 9870 T2

阪急京都線 9300系(1次形)8連_9300F③ 9870形 9870 T2

阪急京都線 9300系8連 編成表00~09F
←梅田①                 ⑧河原町→       
9300-9850-9870-9880-9890-9860-9800-9400
Mc1  T1  T2  T2   T2 T1  M1 Mc2
T1=9850形,T2=9870形だが00~09Fまでは上記のように下一桁を揃えている。
1次形(00F)は2003年日立製 2次形とはヘッドライトケースに違いあり。
参考:私鉄車両編成表'07年版 2005年5月撮影


阪急京都線 9300系(1次形)8連_9300F④ 9870形 9880 T2

阪急京都線 9300系(1次形)8連_9300F④ 9870形 9880 T2

阪急京都線 9300系8連 編成表00~09F
←梅田①                 ⑧河原町→       
9300-9850-9870-9880-9890-9860-9800-9400
Mc1  T1  T2  T2   T2 T1  M1 Mc2
T1=9850形,T2=9870形だが00~09Fまでは上記のように下一桁を揃えている。
1次形(00F)は2003年日立製 2次形とはヘッドライトケースに違いあり。
参考:私鉄車両編成表'07年版 2005年5月撮影


阪急京都線 9300系(1次形)8連_9300F⑤ 9870形 9890 T2

阪急京都線 9300系(1次形)8連_9300F⑤ 9870形 9890 T2

阪急京都線 9300系8連 編成表00~09F
←梅田①                 ⑧河原町→       
9300-9850-9870-9880-9890-9860-9800-9400
Mc1  T1  T2  T2   T2 T1  M1 Mc2
T1=9850形,T2=9870形だが00~09Fまでは上記のように下一桁を揃えている。
1次形(00F)は2003年日立製 2次形とはヘッドライトケースに違いあり。
参考:私鉄車両編成表'07年版 2005年5月撮影


阪急京都線 9300系(1次形)8連_9300F⑥ 9850形 9860 T1

阪急京都線 9300系(1次形)8連_9300F⑥ 9850形 9860 T1

阪急京都線 9300系8連 編成表00~09F
←梅田①                 ⑧河原町→       
9300-9850-9870-9880-9890-9860-9800-9400
Mc1  T1  T2  T2   T2 T1  M1 Mc2
T1=9850形,T2=9870形だが00~09Fまでは上記のように下一桁を揃えている。
1次形(00F)は2003年日立製 2次形とはヘッドライトケースに違いあり。
参考:私鉄車両編成表'07年版 2005年5月撮影


阪急京都線 9300系(1次形)8連_9300F⑦ 9800形 9800 M1

阪急京都線 9300系(1次形)8連_9300F⑦ 9800形 9800 M1

阪急京都線 9300系8連 編成表00~09F
←梅田①                 ⑧河原町→       
9300-9850-9870-9880-9890-9860-9800-9400
Mc1  T1  T2  T2   T2 T1  M1 Mc2
T1=9850形,T2=9870形だが00~09Fまでは上記のように下一桁を揃えている。
1次形(00F)は2003年日立製 2次形とはヘッドライトケースに違いあり。
参考:私鉄車両編成表'07年版 2005年5月撮影


阪急京都線 9300系(1次形)8連_9300F⑧ 9400形 9400 Mc2

阪急京都線 9300系(1次形)8連_9300F⑧ 9400形 9400 Mc2

阪急京都線 9300系8連 編成表00~09F
←梅田①                 ⑧河原町→       
9300-9850-9870-9880-9890-9860-9800-9400
Mc1  T1  T2  T2   T2 T1  M1 Mc2
T1=9850形,T2=9870形だが00~09Fまでは上記のように下一桁を揃えている。
1次形(00F)は2003年日立製 2次形とはヘッドライトケースに違いあり。
参考:私鉄車両編成表'07年版 2005年5月撮影


阪急京都線 9300系(2次形)8連_9302F① 9300形 9302 Mc1

阪急京都線 9300系(2次形)8連_9302F① 9300形 9302 Mc1

阪急京都線 9300系8連 編成表00~09F
←梅田①                 ⑧河原町→       
9300-9850-9870-9880-9890-9860-9800-9400
Mc1  T1  T2  T2   T2 T1  M1 Mc2
T1=9850形,T2=9870形だが00~09Fまでは上記のように下一桁を揃えている。
2次形(01.02F)は2005年日立製 1次形とはヘッドライトケースに違いあり。
参考:私鉄車両編成表'07年版 2005年7月撮影


阪急京都線 9300系(2次形)8連_9302F② 9850形 9852 T1

阪急京都線 9300系(2次形)8連_9302F② 9850形 9852 T1

阪急京都線 9300系8連 編成表00~09F
←梅田①                 ⑧河原町→       
9300-9850-9870-9880-9890-9860-9800-9400
Mc1  T1  T2  T2   T2 T1  M1 Mc2
T1=9850形,T2=9870形だが00~09Fまでは上記のように下一桁を揃えている。
2次形(01.02F)は2005年日立製 1次形とはヘッドライトケースに違いあり。
参考:私鉄車両編成表'07年版 2005年7月撮影


阪急京都線 9300系(2次形)8連_9302F③ 9870形 9872 T2

阪急京都線 9300系(2次形)8連_9302F③ 9870形 9872 T2

阪急京都線 9300系8連 編成表00~09F
←梅田①                 ⑧河原町→       
9300-9850-9870-9880-9890-9860-9800-9400
Mc1  T1  T2  T2   T2 T1  M1 Mc2
T1=9850形,T2=9870形だが00~09Fまでは上記のように下一桁を揃えている。
2次形(01.02F)は2005年日立製 1次形とはヘッドライトケースに違いあり。
参考:私鉄車両編成表'07年版 2005年7月撮影


阪急京都線 9300系(2次形)8連_9302F④ 9870形 9882 T2

阪急京都線 9300系(2次形)8連_9302F④ 9870形 9882 T2

阪急京都線 9300系8連 編成表00~09F
←梅田①                 ⑧河原町→       
9300-9850-9870-9880-9890-9860-9800-9400
Mc1  T1  T2  T2   T2 T1  M1 Mc2
T1=9850形,T2=9870形だが00~09Fまでは上記のように下一桁を揃えている。
2次形(01.02F)は2005年日立製 1次形とはヘッドライトケースに違いあり。
参考:私鉄車両編成表'07年版 2005年7月撮影


阪急京都線 9300系(2次形)8連_9302F⑤ 9870形 9892 T2

阪急京都線 9300系(2次形)8連_9302F⑤ 9870形 9892 T2

阪急京都線 9300系8連 編成表00~09F
←梅田①                 ⑧河原町→       
9300-9850-9870-9880-9890-9860-9800-9400
Mc1  T1  T2  T2   T2 T1  M1 Mc2
T1=9850形,T2=9870形だが00~09Fまでは上記のように下一桁を揃えている。
2次形(01.02F)は2005年日立製 1次形とはヘッドライトケースに違いあり。
参考:私鉄車両編成表'07年版 2005年7月撮影


阪急京都線 9300系(2次形)8連_9302F⑥ 9850形 9862 T1

阪急京都線 9300系(2次形)8連_9302F⑥ 9850形 9862 T1

阪急京都線 9300系8連 編成表00~09F
←梅田①                 ⑧河原町→       
9300-9850-9870-9880-9890-9860-9800-9400
Mc1  T1  T2  T2   T2 T1  M1 Mc2
T1=9850形,T2=9870形だが00~09Fまでは上記のように下一桁を揃えている。
2次形(01.02F)は2005年日立製 1次形とはヘッドライトケースに違いあり。
参考:私鉄車両編成表'07年版 2005年7月撮影


阪急京都線 9300系(2次形)8連_9302F⑦ 9800形 9802 M1

阪急京都線 9300系(2次形)8連_9302F⑦ 9800形 9802 M1

阪急京都線 9300系8連 編成表00~09F
←梅田①                 ⑧河原町→       
9300-9850-9870-9880-9890-9860-9800-9400
Mc1  T1  T2  T2   T2 T1  M1 Mc2
T1=9850形,T2=9870形だが00~09Fまでは上記のように下一桁を揃えている。
2次形(01.02F)は2005年日立製 1次形とはヘッドライトケースに違いあり。
参考:私鉄車両編成表'07年版 2005年7月撮影


阪急京都線 9300系(2次形)8連_9302F⑧ 9400形 9402 Mc2

阪急京都線 9300系(2次形)8連_9302F⑧ 9400形 9402 Mc2

阪急京都線 9300系8連 編成表00~09F
←梅田①                 ⑧河原町→       
9300-9850-9870-9880-9890-9860-9800-9400
Mc1  T1  T2  T2   T2 T1  M1 Mc2
T1=9850形,T2=9870形だが00~09Fまでは上記のように下一桁を揃えている。
2次形(01.02F)は2005年日立製 1次形とはヘッドライトケースに違いあり。
参考:私鉄車両編成表'07年版 2005年7月撮影