js3vxw-02.cocolog-nifty.com > S1 帝都高速度交通営団 日比谷線 3000系

営団地下鉄3000系は、1961年の日比谷線の開業に合わせてデビュー。以後1971年までの間に304両(事故代替車を含めると305両)が製造されました。広いおでこがチャーミングなセミステンレスの車体をもちます。 制御装置は超多段抵抗制御(バーニア制御)であるABFM-108-15MDH(三菱製)を装備。モーターはMB3054系(三菱製)75kwで 台車は FS348 ミンデンドイツ式(初期車は FS336 リンク式)を履いていました。(晩年は FS510 S形ミンデン式に換装されたものも多い。)高性能な車輌でしたが冷房車でなかったため引退は前倒しされ 1994年7月に営業運転を終了しました。

帝都高速度交通営団 日比谷線 3000系3071F① 3071 3000形 5次車 CM1

帝都高速度交通営団 日比谷線 3000系3071F① 3071 3000形 5次車 CM1

帝都高速度交通公団 日比谷線 3000系 3071F 8両編成 編成表
←中目黒①                         北千住⑧→
3071-4072-4551-3552-3551-4552-4071-3072
(CM1-M2-M1-Mc2-Mc1-M2-M1-CM2) 

3071Fは1964 年製(5次車)3551.3552のみ1970年製(9次車:8連化用増備車)
参考:私鉄車両編成表88年版  撮影1989.8?


帝都高速度交通営団 日比谷線 3000系3071F② 4072 4000形 5次車 M2

帝都高速度交通営団 日比谷線 3000系3071F② 4072 4000形 5次車 M2

帝都高速度交通公団 日比谷線 3000系 3071F 8両編成 編成表
←中目黒①                         北千住⑧→
3071-4072-4551-3552-3551-4552-4071-3072
(CM1-M2-M1-Mc2-Mc1-M2-M1-CM2) 

3071Fは1964 年製(5次車)3551.3552のみ1970年製(9次車:8連化用増備車)
参考:私鉄車両編成表88年版  撮影1989.8?


帝都高速度交通営団 日比谷線 3000系3071F③ 4551 4500形 5次車 M1

帝都高速度交通営団 日比谷線 3000系3071F③ 4551 4500形 5次車 M1

帝都高速度交通公団 日比谷線 3000系 3071F 8両編成 編成表
←中目黒①                         北千住⑧→
3071-4072-4551-3552-3551-4552-4071-3072
(CM1-M2-M1-Mc2-Mc1-M2-M1-CM2) 

3071Fは1964 年製(5次車)3551.3552のみ1970年製(9次車:8連化用増備車)
参考:私鉄車両編成表88年版  撮影1989.8?


帝都高速度交通営団 日比谷線 3000系3071F④ 3552 3500形 9次車 Mc2

帝都高速度交通営団 日比谷線 3000系3071F④ 3552 3500形 9次車 Mc2

帝都高速度交通公団 日比谷線 3000系 3071F 8両編成 編成表
←中目黒①                         北千住⑧→
3071-4072-4551-3552-3551-4552-4071-3072
(CM1-M2-M1-Mc2-Mc1-M2-M1-CM2) 

3071Fは1964 年製(5次車)3551.3552のみ1970年製(9次車:8連化用増備車)
参考:私鉄車両編成表88年版  撮影1989.8?


帝都高速度交通営団 日比谷線 3000系3071F⑤ 3551 3500形 9次車 Mc1

帝都高速度交通営団 日比谷線 3000系3071F⑤ 3551 3500形 9次車 Mc1

帝都高速度交通公団 日比谷線 3000系 3071F 8両編成 編成表
←中目黒①                         北千住⑧→
3071-4072-4551-3552-3551-4552-4071-3072
(CM1-M2-M1-Mc2-Mc1-M2-M1-CM2) 

3071Fは1964 年製(5次車)3551.3552のみ1970年製(9次車:8連化用増備車)
参考:私鉄車両編成表88年版  撮影1989.8?


帝都高速度交通営団 日比谷線 3000系3071F⑥ 4552 4500形5次車 M2

帝都高速度交通営団 日比谷線 3000系3071F⑥ 4552 4500形5次車 M2

帝都高速度交通公団 日比谷線 3000系 3071F 8両編成 編成表
←中目黒①                         北千住⑧→
3071-4072-4551-3552-3551-4552-4071-3072
(CM1-M2-M1-Mc2-Mc1-M2-M1-CM2) 

3071Fは1964 年製(5次車)3551.3552のみ1970年製(9次車:8連化用増備車)
参考:私鉄車両編成表88年版  撮影1989.8?


帝都高速度交通営団 日比谷線 3000系3071F⑦ 4071 4000形5次車 M1

帝都高速度交通営団 日比谷線 3000系3071F⑦ 4071 4000形5次車 M1

帝都高速度交通公団 日比谷線 3000系 3071F 8両編成 編成表
←中目黒①                         北千住⑧→
3071-4072-4551-3552-3551-4552-4071-3072
(CM1-M2-M1-Mc2-Mc1-M2-M1-CM2) 

3071Fは1964 年製(5次車)3551.3552のみ1970年製(9次車:8連化用増備車)
参考:私鉄車両編成表88年版  撮影1989.8?


帝都高速度交通営団 日比谷線 3000系3071F⑧ 3072 3000形5次車 CM2

帝都高速度交通営団 日比谷線 3000系3071F⑧ 3072 3000形5次車 CM2

帝都高速度交通公団 日比谷線 3000系 3071F 8両編成 編成表
←中目黒①                         北千住⑧→
3071-4072-4551-3552-3551-4552-4071-3072
(CM1-M2-M1-Mc2-Mc1-M2-M1-CM2) すべて日車製

3071Fは1964 年製:(5次車) 
3551.3552のみ1970年製:(9次車=8連化用増備車)
参考:私鉄車両編成表88年版  撮影1989.8?


帝都高速度交通営団 日比谷線 *3000系3003F① 3003 3000形 1次車 CM1 1960年 汽車会社製

帝都高速度交通営団 日比谷線 *3000系3003F① 3003 3000形 1次車 CM1 1960年 汽車会社製


帝都高速度交通営団 日比谷線 *3000系3003F⑧ 3004 3000形 1次車 CM2 1960年 汽車会社製

帝都高速度交通営団 日比谷線 *3000系3003F⑧ 3004 3000形 1次車 CM2 1960年 汽車会社製


帝都高速度交通営団 日比谷線 *3000系3007F① 3007 3000形 8次車 CM1 1961年 汽車会社製

帝都高速度交通営団 日比谷線 *3000系3007F① 3007 3000形 8次車 CM1 1961年 汽車会社製


帝都高速度交通営団 日比谷線 *3000系3037F⑧ 3038 3000形 4次車 CM2 1963年 東急車輌製

帝都高速度交通営団 日比谷線 *3000系3037F⑧ 3038 3000形 4次車 CM2 1963年 東急車輌製


帝都高速度交通営団 日比谷線 *3000系3077F① 3077 3000形 8次車 CM1 1968年 汽車会社製

帝都高速度交通営団 日比谷線 *3000系3077F① 3077 3000形 8次車 CM1 1968年 汽車会社製